ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校給食 > 小学校給食食材の放射性物質濃度測定の実施

ここから本文です。

更新日:2016年3月7日

小学校給食食材の放射性物質濃度測定の実施

 市立小学校で提供している給食の食材について、保護者の方から、放射性物質の子どもたちへの健康影響を心配する声が寄せられているため、食材の安全性を再確認するとともに、保護者の皆さまの不安を解消する一助とするため、次のとおり実施します。

1 測定実施期間

 平成23年7月1日(金曜日)から

2 測定方法

 学校給食を実施する期間に、翌日に学校給食で使用する食材の中から、毎日1検体(7月)を選定し放射性核種分析を行います。

3 測定場所

 民間検査機関で測定します。

 検査機関:一般社団法人 日本海事検定協会

4 測定項目

  • 放射性ヨウ素(ヨウ素131)
  • 放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)

5 測定結果

 

お問い合わせ

所属課室:教育部学務課給食担当

鎌倉市御成町12-18 鎌倉水道営業所 庁舎2階

電話番号:0467-61-3804

ファクス番号:0467-24-5569