ここから本文です。

更新日:2018年5月15日

保全配慮地区

保全配慮地区内で建築等をご計画の皆様へ

緑地保全に対する配慮のお願い(PDF:199KB)

保全配慮地区の設定の状況(平成23年9月現在)

地区名

面積約(ha)

■保全配慮地区の概ねの位置(PDF:131KB)

(緑の基本計画P.163より)

 

各地区の詳細な区域等についてはみどり課までお問い合わせ下さい。

 

各地区の設定の観点と配慮すべき事項等については、緑の基本計画第2編第4章「特定地区の保全・整備・緑化の方針等」(PDF:2,605KB)に記載しています。

腰越地区

56.0

稲村ガ崎地区

44.3

鎌倉山地区

88.5

笛田地区

12.3

常盤山地区

25.2

台地区

6.1

関谷地区

15.1

岡本地区

2.0

岩瀬・山ノ内地区

52.0

合計

301.5

 

 

保全配慮地区とは

  • 緑地保全地域及び特別緑地保全地区以外の区域であって、都市緑地法に基づき設定する、重点的に緑地の保全に配慮を加えるべき地区。
  • 緑地の現況、住民の緑地に対するニーズ等を踏まえ、市が地権者はじめ市民の協力のもとに、市民緑地契約の締結や条例による保全措置などを図るべき地区。

緑の基本計画改訂(平成23年9月)以降の施策展開等について

  • 鎌倉市のみどり(緑の基本計画実現に向けた取り組み)に記載しています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市景観部みどり課みどり担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3486

メール:midori@city.kamakura.kanagawa.jp