ホーム > くらし・環境 > 税金 > 改元に伴う市税に関する文書等の元号表記及び取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2019年4月26日

改元に伴う市税に関する文書等の元号表記及び取扱いについて

元号を改める政令が平成31年(2019年)4月1日に交付され、5月1日から元号が「平成」から「令和」に改められますが、改元に伴う市税に関する文書等の元号表記の取扱いについては、国の通知の趣旨を踏まえ、次のとおりといたします。

年の表記について

  • 改元日前に市が作成した市税に関する文書等の日付は改元日以降の日付も「平成」を使用していますが、その際は「令和」と読み替えていただきますようお願いいたします。
  • 改元日以降に市が作成する市税に関する文書等の日付は、原則「令和」を使用しますが、一部「平成」と表記される場合がありますので、その際は「令和」と読み替えていただきますようお願いいたします。
    (例)
    「平成31年5月7日」の場合は「令和元年5月7日」、
    「平成32年3月31日」の場合は「令和2年3月31日」と読み替えてください。

年度の表記について

市税に関する文書等の年度については、改元日以降も「平成31年度」と表記される場合がありますので、その際は「令和元年度」と読み替えていただきますようお願いいたします。

旧元号「平成」による表記の効力について

市が作成する市税の納税通知書や証明書等の文書について、改元日以降の日付が「平成」で表記されている場合についても、法律上の効力に影響はありません。

お問い合わせ

所属課室:総務部納税課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3911

ファクス番号:0467-23-3744

メール:nouzeika@city.kamakura.kanagawa.jp