ホーム > くらし・環境 > 市税等の証明と申請方法

ここから本文です。

更新日:2016年4月7日

市税等の証明と申請方法

市税等に関する証明は、市役所納税課(本庁舎1階14番窓口)及び各支所で交付しています。
 (一部の証明等は支所では交付していません。また、大船ルミネウイング内の市民サービスコーナー
  では市税等の証明は交付していませんのでご注意ください。)
交付する証明等は下表のとおりです。

証明の種類

主な使用目的・内容

手数料

申請窓口

市民税・
県民税

課税証明
(所得の証明)

資金の借入、奨学金、
年金申請、児童手当など

1件  300円

納税課

各支所

固定資産

土地評価証明
家屋評価証明

登記、相続、贈与など
評価額、税額の証明

2筆ごと、

2棟ごとに、

300円

※1 ※2

納税

市民税・県民税

 

資金の借入など

納税額の証明

 

1件  300円

固定資産税
都市計画税

軽自動車税

一般用

名義変更

1件  300円

車検用

継続検査用

無料

法人市民税

資金の借入など

納税額の証明

1件  300円

納税課

(各支所では取

り扱っていません)

無資産証明

農家分家住宅の申請など

土地・家屋を所有していないことの証明

1件  300円

法人市民税課税台帳登録事項証明

(所在証明)

軽自動車の登録など
所在の証明

1件  300円

住宅用家屋証明

登録免許税の軽減

1件 

1300円

公図の閲覧 調査

1件  300円

名寄帳の閲覧 固定資産税の課税内容の確認

1件  300円

※2

償却資産課税台帳の閲覧 償却資産の課税内容の確認 

1件  300円

  ※1 土地評価証明と家屋評価証明は個別に交付します

 ※2 納税通知書(所有形態)を交付の単位とします(同一人でも単独所有分と共有分は個別に交付します)

◆ 申請書のご記入に際しては以下の点にご注意ください

   課税・評価・納税証明及び名寄帳は、現年度を含め過去5カ年分を交付することができます

    (※ 課税証明について、年金の請求に用いる場合のみ現年度を含め過去6カ年分交付可能です)

  ◎ 課税・評価・納税証明及び名寄帳は、年度ごとに交付します(交付枚数ごとに件数を数えます)

  ◎ 納税証明には所得額は表示されません用途・提出先の指示をご確認ください)

  ◎ 児童手当用として課税証明を申請する場合は、「一般用」を選択してください   

    ※ 児童扶養手当は、一人親家庭等の児童のために支給される手当てです  

  ◎ 高等学校等就学支援金用として課税証明を申請する場合は、「一般用」を選択してください 

    ※ 特別支援学校就学奨励制度は、障害等のある児童・生徒のための制度です

 窓口での申請  

  1  受付時間

      平日8時30分から17時15分まで(年末年始を除く)

  2  申請できる方

  • 本人
  • 鎌倉市に住民登録があり、かつ住民票上で証明書に載せる方と同一世帯の方

      同一住所でも住民票上の世帯が異なる場合は委任状が必要です 

     ※ 鎌倉市から転出している場合、現住所で住民票上の同一世帯でも委任状が必要です                         

  • 代表者(法人の場合)

      鎌倉市外の法人の場合、代表者であることが確認できる書類をお持ちください

  • 本人から委任された代理人(必ず委任状ををお持ちください

           法人の証明について従業員の方が請求される場合は、代表者からの委任状または
             代表者印が押印された申請書をお持ちください。 

    ◎ 委任状について、次の事項をご確認ください    

     * 委任者の住所・氏名・生年月日・印(認印可)・日中に連絡の取れる電話番号が記載されていること  

     * 受任者の住所・氏名・電話番号が記載されていること    

     * 委任者の氏名が自署であること(受任者の住所・氏名等は委任者がお書きください)  

     * 委任する内容が明記されていること          

     ※ 委任状の記載内容が市の課税台帳の記載内容と異なる場合、別途聴聞及び資料の提出等

        をお願いする場合があります  

 3  必要なもの

  • 申請書(窓口の備え付け、またはホームページからダウンロードできます)
  • 窓口へ来た方の身分証明書等
1点で確認できるもの マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード、旅券(パスポート)、運転免許証、健康保険の被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、身体障害者手帳、その他官公署が発行した写真付の免許証等
2点以上の組み合わせで確認できるもの 社員証、学生証、預貯金の通帳、クレジットカード、医療機関の診察券、会員券等

      代理人による申請の場合 → 委任状など代理人であることを確認できるもの及び受任者の身分証明書
           軽自動車の車検用納税証明を申請される場合 → 車検証(写し可)

  • 手数料

 4  その他

  • 納付の直後(市役所や金融機関、郵便局、コンビニエンスストアでの現金納付のほか、口座振替の場合も含みます)に納税証明書の交付申請を行う場合、金融機関等から市の会計に収納されるまでに一定の期間(概ね納付後2週間以内)を要しますので、市の窓口で収納確認ができていないことがあります。お手数ですが、当該納付関する金融機関等の領収印のある「領収証書」(口座振替の場合は記帳後の通帳)をお持ちください。
  • 固定資産の評価証明に関し、課税基準日(1月1日)以降に所有者がお亡くなりになっている場合(相続)や売買により所有者が代わった場合において新しい所有者が申請する際は、前の納税義務者と申請者との関係がわかる書類をお持ちください。
            (例:戸籍謄本・除籍謄本・相続に関する書類、売買契約書・当年度の納税通知書等
  • 課税証明(所得証明)について、現年度を含めて6年度前の証明(年金用)を取得される場合、発行に1時間以上お時間を頂く場合があります。余裕をもってご申請頂きますようお願いいたします。

 郵送での申請  

 1  申請できる方      

  • 本人
  • 鎌倉市に住民登録があり、かつ証明書に載せる方と同一世帯の方

     ※ 同一住所でも、住民票が異なる場合は委任状が必要です

      鎌倉市外に転出している場合現住所で住民票上の同一世帯でも委任状が必要です

  • 代表者(法人の場合)※申請書へ代表者印を押印してください(代表者からの委任状の同封でも可)
  • 本人から委任された代理人(必ず委任状を同封してください

 2  必要なもの

  • 申請書(ホームページからダウンロードできます)

     ※ プリンターをお持ちでない場合は、便せん等に申請内容を記載してください

           ※ 代理人による申請の場合は、代理人の本人確認書類等の写しを同封してください

  • 委任状等の本人から受任していることが確認できる書面(代理人が申請する場合のみ) 

     ※ 委任者が記入し、押印してください(認印可) 

  • 手数料分の定額小為替(あらかじめ郵便局で購入してください)

     ※ 証明書1通につき300円(税目別に証明の対象者ごと、かつ年度ごとに交付します)

     ※ 定額小為替は無記入のまま同封してください

     ※ 郵便切手、収入印紙等では受け付けることができません

  • 返信用封筒(切手を貼り、返送先も記入してください)

     ※ 返信先は、申請者の現住所(代理人の場合は代理人の現住所等)に限ります。

     ※ 個人情報保護の観点から、提出先・勤務先その他任意の場所へ返信することはできません。

  • 軽自動車の車検用納税証明を申請される場合は車検証の写しを同封してください
  • 納付の直後(市役所や金融機関、郵便局、コンビニエンスストアでの現金納付のほか、口座振替の場合も含みます)に納税証明書の交付申請を行う場合、金融機関等から市の会計に収納されるまでに一定の期間(概ね納付後2週間以内)を要しますので、市の窓口で収納確認ができていないことがあります。お手数ですが、当該納付に関する金融機関等の領収印のある「領収証書」(口座振替の場合は記帳後の通帳)の写しを添付してください。         

  住宅用家屋証明について 

      住宅用家屋証明は、市役所納税課(本庁舎1階14番窓口)で発行しています。 
      各支所、大船ルミネウイング内の市民サービスコーナーでは発行していません。
      郵送での申請の場合は、申請書、下記の必要書類、手数料分の定額小為替、返信用の切手を貼った封筒を
      同封してください。

 1  受付時間

      平日8時30分から17時15分まで(年末年始を除く)

 2  申請できる方

      どなたでも申請できます(代理人可能、委任状不要)

 3  必要なもの

  • 申請書(窓口の備え付け、またはホームページからダウンロードできます)
  • 下表の書類(該当する必要書類をお持ちください)
  • 窓口へ来た方の印鑑(認印)
  • 手数料

 4 注意事項

   住宅用家屋証明書」は再発行できません。不動産登記における登録免許税の軽減手続きのほか、所得税の確定申告(住宅ローン控除)・不動産取得税の手続き等にこの証明書が必要となる場合がありますので、法務局へ提出される前に写しをお取りになることをお勧めいたします。

 

 必要書類一覧  (朱記表示は、提出書類です)


(イ)41条(a)(c)(e)

新築

(イ)41条(b)(d)(f)

取得

(ロ)42条(a)(b)

 取得


注文住宅

建売住宅(未使用)

中古住宅






  • 認印(申請者)
  • 下記【1】~【5】のいずれか
  • 住民票の写し

 

  • 認印(申請者)
  • 下記【1】~【5】のいずれか
  • 住民票の写し
  • 売買契約書または譲渡証明書
  • 未使用証明書(原本)
 
  • 認印(申請者)
  • 登記事項証明書
  • 住民票の写し
  • 売買契約書または譲渡証明書

 【築20年超(耐火25年超)の場合】

  • 耐震基準適合証明書
    (当該家屋の取得前2年以内に発行されたもの)
     

【特定の増改築等が行われた場合】

  • 増改築等工事証明書(所定の発行主体により作成されたもの)






  • 認印(申請者)
  • 下記【1】~【5】のいずれか
  • 入居前の住民票の写し
  • 入居申立書(原本)
  • 現住家屋の処分書類
     
  • 認印(申請者)
  • 下記【1】~【5】のいずれか
  • 売買契約書または譲渡証明書
  • 入居前の住民票の写し
  • 入居申立書(原本)
  • 現住家屋の処分書類
  • 未使用証明書(原本)

  • 認印(申請者)
  • 登記事項証明書
  • 売買契約書または譲渡証明書
  • 入居前の住民票の写し
  • 入居申立書(原本)
  • 現住家屋の処分書類

【築20年超(耐火25年超)の場合】

  • 耐震基準適合証明書(当該家屋の取得前2年以内に発行されたもの) 

【特定の増改築等が行われた場合】

  • 増改築等工事証明書(所定の発行主体により作成されたもの)

 

  【1】建物の登記事項証明書
      (インターネットの「登記情報サービス」から取得する場合は、照会番号が記載されたものであれば代用可)
  【2】建物の登記完了証と表示登記受領証
  【3】建物の登記完了証と登記要約書
  【4】建物の登記簿謄本
  【5】建物の表示登記済証

※上記必要書類のうち、(原本)と表示のないものはコピーでも対応しています。

 

  • 現住家屋の処分書類とは、売買(媒介)契約書、賃貸(媒介)契約書、賃借契約書、社宅又は入寮証明書、同居親族申立書など、現住家屋を所有していないことを証明する書類を指します。
  • 入居申立書とは、当該家屋の所有者が住民票の転入手続きを済ませていない場合に、係る家屋を居住の用に供することを確認するための書類を指します。(ホームページからダウンロードできます)
  • 特定認定長期優良住宅又は認定低炭素住宅の申請の場合は、認定申請書の副本及び認定通知書(写)が別途必要です。
  • 未使用証明書は、直前の所有者又は取引業者等が証明したものです。
  • 耐震基準適合証明書とは、取得した家屋が建築後20年(登記記録に記載された当該家屋の構造が、石造、れんが造、コンクリートブロック造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造である場合は25年)を超える場合に、当該家屋が一定の耐震基準を満たしていることを証明するための書面です。
  • 増改築等工事証明書とは、特定の増改築等が行われた住宅用家屋であることを建築士・指定機関等が証明する書面です。

 

お問い合わせ

所属課室:総務部納税課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

納税課税制担当0467(61)3911ダイヤルイン