ホーム > 産業・まちづくり > 都市計画 > 景観地区・高度地区

ここから本文です。

更新日:2011年1月5日

景観地区・高度地区 

 より住みやすく、風格やにぎわいのある市街地の景観形成などを進めるため、景観地区や高度地区の指定をしています。 

  景観地区

鎌倉景観地区

位置・・・鎌倉市雪ノ下一丁目他

面積・・・約224.8ヘクタール

制限内容・・・建築物の高さの最高限度は、15m(ただし、第一種低層住居専用地域内では10m)。建築物の屋根及び外壁の基調色は、原色・刺激色など周囲のまち並みと不調和となるような色は使用できません。

鎌倉景観地区(平成20年3月1日/鎌倉市告示第343号)(計画書及び理由書)(PDF:250KB)

景観地区内で建築等を行う場合は認定申請が必要です。(詳細は都市景観課まで)

 

北鎌倉景観地区

位置・・・鎌倉市山ノ内地内

面積・・・約7.2ヘクタール

制限内容・・・建築物の高さの最高限度は、15m(ただし、第一種低層住居専用地域内では10m)。 建築物の屋根及び外壁の基調色は、原色・刺激色など周囲のまち並みと不調和となるような色は使用できません。

北鎌倉景観地区(平成20年3月1日/鎌倉市告示第344号)(計画書及び理由書)(PDF:218KB)

景観地区内で建築等を行う場合は認定申請が必要です。(詳細は都市景観課まで)

 

高度地区

風致地区や第1種低層住居専用地域に隣接し、これら地域に次いで良好な住環境の維持・向上が求められている第1種中高層住居専用地域について、高度地区の指定をしています。

高度地区(平成20年3月1日/鎌倉市告示第342号)(計画書及び理由書)(PDF:191KB)

対象地域・・・第一種中高層住居専用地域(景観地区、風致地区を除く)

面積・・・約340ヘクタール

制限内容・・・建築物の高さの最高限度は、15m

 

景観地区・高度地区都市計画決定

 

 図  景観地区  区分図

景観地区区分図

 

この図は、都市計画その他の内容を証明するものではありません。権利や義務の発生するもの、取引の資料とするものなど、重要な情報は必ず都市計画課の窓口でご確認ください。

鎌倉市都市計画情報等提供サービスはこちら 

  • 景観地区についてのお問い合わせは、都市景観課まで。
  • 高度地区についてのお問い合わせは、都市計画課まで。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:まちづくり計画部都市計画課都市計画担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3408