ここから本文です。

更新日:2019年6月24日

都市計画緑地

都市の緑は、快適な環境の創出、生物多様性の確保、レクリエーション活動の場としてなど、様々なはたらきを持っています。

鎌倉市では、都市の骨格を形成する緑地や良好な緑のネットワークを構成している緑地を都市計画緑地として指定し、生態系の保全や都市環境・都市景観の向上を図るため、順次整備をすすめています。

第1号 鎌倉広町緑地

鎌倉広町緑地は、平成17年に都市計画決定されました。

この緑地は、鎌倉市の西部に位置し、丘陵の樹林、谷戸、水系からなるまとまりのある豊かな自然環境を有し、動植物の生息生育地である大規模な樹林地等であり、都市の骨格を形成しています。

第2号 山ノ内西瓜ヶ谷緑地

山ノ内西瓜ヶ谷緑地は、平成21年に都市計画決定、平成22年に都市計画事業として認可されました。

この緑地は、鎌倉市の中心部に位置し、周辺の緑地や都市公園等との緑のネットワークを形成するとともに、都市の自然的環境を保全し、景観を維持向上させる機能を有する貴重な樹林地となっています。

 第3号 山崎・台峯緑地

山崎・台峯緑地は、平成31年に都市計画決定されました。

この緑地は、鎌倉市の三大緑地の一部を構成しています。鎌倉広町緑地とともに市街化区域内に残された大規模緑地です。

 都市計画緑地一覧

 

この図は、都市計画その他の内容を証明するものではありません。権利や義務の発生するもの、取引の資料とするものなど、重要な情報は必ず都市計画課の窓口でご確認ください。

 

 

お問い合わせ

所属課室:まちづくり計画部都市計画課都市計画担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3408