よくある質問 道路・交通

ホーム > よくある質問 > 道路・交通  道路 > 県道阿久和鎌倉線の横浜市分の道路は広がっているのに、鎌倉市分は狭いままですが、どうしてですか?

ここから本文です。

更新日:2018年5月7日

よくある質問

よくある質問質問

県道阿久和鎌倉線の横浜市分の道路は広がっているのに、鎌倉市分は狭いままですが、どうしてですか?

よくある質問回答

県道阿久和鎌倉線における、鎌倉市域での未整備区間は約500mあります。
このうち約320mについては神奈川県が、残り180mについては、平成9年度に策定した「鎌倉・横浜両市一体整備計画(案)」をもとに、鎌倉市が整備することになっていますが、同計画(案)の進捗が図れないことから、平成21年度に鎌倉市域において、交通広場整備を中心とする大船駅西口整備事業に着手し、平成23年度に供用開始しています。

このようなことから、現在、この大船駅西口整備事業に係る整備効果を踏まえ、同計画(案)の取扱いの協議を横浜市と開始するとともに、県道阿久和鎌倉線の未整備部分についても、用地取得方法や整備主体に係る協議・調整を神奈川県と進め、早期の整備に向け努力していきます。

お問い合わせ

所属課室:まちづくり計画部駅周辺整備課駅周辺整備担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-45-3970

メール:ofn_ard@city.kamakura.kanagawa.jp