よくある質問 行政データ

ホーム > よくある質問 > 行政データ  市の情報 > 市民憲章はどのようにして制定されましたか?

ここから本文です。

更新日:2013年5月7日

よくある質問

よくある質問質問

市民憲章はどのようにして制定されましたか?

よくある質問回答

制定にあたっては、市民憲章の文案の公募、アンケート調査の実施、対話集会の開催など広く市民のご意見をいただきました。

制定の経過は、以下のとおりです。

  • 昭和47年5月15日
    正木市長が広報かまくらで、市民憲章制定の主旨を表明
  • 昭和47年6月1日~7月31日
    広報、掲示板へのポスター掲出で、市民憲章文案を公募(応募件数72件:佳作5点選出)
  • 昭和47年10月28日
    市民憲章起草委員委嘱(委員:沢寿郎氏、尾崎喜八氏、大藤ゆき氏)
  • 昭和48年10月9日
    市議会総務常任委員会で全員一致で原案可決
  • 昭和48年10月11日
    市議会本会議で全会一致で原案可決
  • 昭和48年(1973年)11月3日
    鎌倉市民憲章制定(式典開催)

お問い合わせ

所属課室:共創計画部企画計画課

電話番号:0467-23-3000

内線:2214

メール:keiki@city.kamakura.kanagawa.jp