よくある質問 健康保険

ホーム > よくある質問 > 健康保険  保険証等 > 国民健康保険高齢受給者証について教えてください。

ここから本文です。

更新日:2015年2月9日

よくある質問

よくある質問 質問

国民健康保険高齢受給者証について教えてください。

よくある質問 回答

国民健康保険の加入者で、70歳から75歳になるまで(後期高齢者医療制度で医療を受けることになるまで)の間の自己負担割合を示す「国民健康保険高齢受給者証」を交付します。病院などにかかるときは、保険証とあわせて窓口で提示してください。
なお、「国民健康保険高齢受給者証」は、満70歳の誕生月の翌月(1日生まれの方には、誕生月)の診療分から使用することになります。
対象となる方には、誕生月(1日生まれの方は前月)に、「国民健康保険高齢受給者証」を市から送付します。
また、「国民健康保険高齢受給者証」は、毎年8月1日に更新をします。8月1日以降にお使いいただく「国民健康保険高齢受給者証」は、7月末に送付します。

【高齢受給者証の負担割合について】
国民健康保険に加入されている70歳以上の方で一定の所得未満の被保険者は2割(注1)負担、一定以上の所得者(注2)は3割負担となります。

(注1)特例により、平成26年4月1日以前に70歳に達した一定の所得未満の被保険者は、75歳まで1割負担となります。

(注2)一定以上の所得者とは、(1)・(2)両方を満たす人:

(1)同一世帯に一定の所得(課税所得が145万円以上)のある70歳以上の被保険者がいる人。

(2)同一世帯の70歳以上の被保険者の総所得金額等の合計が210万円を超えている人。

ただし以下の条件を満たす世帯は、申請して認められれば2割負担(注1)となります。

  • 70歳以上の被保険者が1人の世帯で、総収入金額が383万円未満
  • 70歳以上の被保険者が2人以上いる世帯で、総収入金額が520万円未満
  • 70歳以上の被保険者が1人と国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した人がいる世帯で、総収入金額が520万円未満

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保険年金課

電話番号:0467-61-3607

メール:hokenen@city.kamakura.kanagawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?