ホーム > よくある質問 > まちづくり  みどり > 保存樹木、保存樹林、保存生け垣とは、どのようなものですか?

ここから本文です。

更新日:2018年5月16日

よくある質問

よくある質問質問

保存樹木、保存樹林、保存生け垣とは、どのようなものですか?

よくある質問回答

緑の多い良好な環境を守るため、鎌倉市緑の保全及び創造に関する条例に基づき、美観上優れている樹木や樹林を市が指定しています。

【保存樹木】

  • 単木で1.5mの高さにおける幹の周囲が1.5m以上あるもの
  • 単木で高さが15m以上あるもの
  • 株立ちした樹木(ツツジなど)で高さが3m以上あるもの
  • はん登性樹木(フジなど)で、枝葉の面積が30平方メートル以上あるもの

【保存樹林】

  • 市街化調整区域内の樹林で、面積が500平方メートル以上あるもの
  • 生け垣で、長さが20m以上あるもの

お問い合わせ

所属課室:都市景観部みどり課みどり担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-61-3486

メール:midori@city.kamakura.kanagawa.jp