よくある質問 年金

ホーム > よくある質問 > 年金  加入 > どんなときに国民年金への加入が必要なのですか?

ここから本文です。

更新日:2017年11月17日

よくある質問

よくある質問質問

どんなときに国民年金への加入が必要なのですか?

よくある質問回答

次のような場合には、国民年金への加入手続きが必要です。

  1. 20歳になったとき(厚生年金の加入者は除く)
  2. 20歳以上60歳未満の人が勤め先を辞めたとき(厚生年金の加入者ではなくなったとき)
    (注)第3号被保険者である配偶者がいる人は、あわせて手続きをしてください。
  3. 厚生年金加入の被扶養配偶者でなくなったとき(収入が増えたときなど)
  4. 海外から帰国したとき(厚生年金加入者、第3号被保険者は除く)
  5. 任意加入を希望するとき
    ・外国に住んでいる20歳以上65歳未満の日本人
    ・日本国内に住む60歳未満の老齢(退職)年金受給者
    ・日本国内に住む60歳以上65歳未満の人
    ・65歳になったとき受給資格を満たせない人については、70歳になるまでの間で受給資格を満たすまで。(昭和40年4月1日以前に生まれた人のみ)

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保険年金課

電話番号:0467-61-3963

メール:hokenen@city.kamakura.kanagawa.jp