よくある質問 年金

ホーム > よくある質問 > 年金  給付 > 障害基礎年金はどのような時に受けられるのでしょうか?

ここから本文です。

更新日:2017年11月17日

よくある質問

よくある質問 質問

障害基礎年金はどのような時に受けられるのでしょうか?

よくある質問 回答

次の1または2の期間に初めて医療機関にかかった日(初診日)のある病気やケガで、障害認定日(初診日から1年6か月後)に障害等級表に該当する障害を有するとき、障害基礎年金を受けることができます。
ただし、保険料の納付要件を満たしていることが必要です。

  1. 国民年金加入中
  2. 国民年金加入中でない人は、過去に加入したことがあって、日本に住所のある60歳以上65歳未満

また、子供の頃の病気やケガがもとで一定以上の障害が残った人にも支給されます。支給は20歳からです。
その病気またはケガの初診日において、加入していた国民年金の種別によって手続き先が異なります。

国民年金(第3号被保険者を除く)に加入中または20歳前や60歳以上65歳未満に初診日がある人は、市役所保険年金課へご相談ください。
国民年金第3号被保険者加入中に初診日がある人は、年金事務所へご相談ください。

なお、厚生年金や共済組合に加入中に初診日がある人の障害年金の相談は、年金事務所・各共済組合です。
藤沢年金事務所〔電話:0466-50-1151(代表)〕

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保険年金課

電話番号:0467-61-3963

メール:hokenen@city.kamakura.kanagawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?