ホーム > よくある質問 > その他  公共工事 > 公共工事における検査の種類は、どのようなものがありますか?

ここから本文です。

更新日:2013年5月9日

よくある質問

よくある質問質問

公共工事における検査の種類は、どのようなものがありますか?

よくある質問回答

本市が発注する請負工事は、関係法令等に基づき検査を行うことになっています。
検査の種類としては、工事の全部が完成したときに行う「しゅん功検査」、工事の一部が完成し、受注者からの部分払い、又は部分引渡しの請求があったとき、又は契約の解除による工事の中止をしようとするときに行う「一部完成検査」、低入札価格契約工事や議会の議決に付すべき工事契約の施工の途中における施工体制、品質等を確保するために行う「中間技術検査」、いわゆる抜き打ち的に行う「随時検査」、検査により手直しを指示した工事が完了したときに行う「手直し検査」があります。
なお、鎌倉市工事検査規程、関係規程等については、下記のホームページをご覧下さい。

お問い合わせ

所属課室:総務部契約検査課

電話番号:0467-61-3986

メール:keiyaku@city.kamakura.kanagawa.jp