よくある質問 市民相談

ホーム > よくある質問 > よくある質問 市民相談  消費生活 > クーリング・オフは、どんなときにできますか?

ここから本文です。

更新日:2013年5月7日

よくある質問

よくある質問質問

クーリング・オフは、どんなときにできますか?

よくある質問回答

  • 店舗などの営業所以外で契約した時
    (路上・電話等による勧誘の後、営業所へ出向いて契約した場合はクーリング・オフできます)
  • 契約の日から8日以内(8日間以外の規定もあります)
  • 特定商取引法で規定する3,000円以上の商品、役務(サービス)、権利であること。

【注意事項】

  • 店舗で購入した商品は、クーリング・オフの対象になりません。
  • 通信販売にクーリング・オフはありません。通信販売業者が返品特約を広告に表示していない場合は、商品到着後8日以内であれば、送料消費者負担で返品が可能です。
    返品特約を表示する場合は、消費者が見落とすことがないように、広告の目立つ場所にはっきり記載しなければなりません。
    返品の可否、条件、返送料の負担の有無を分かりやすく表示することとされています。
    返品に関して表示がない場合には返品できますが、「返品不可」との表示がある場合は返品できません。また、返品の条件について記載があれば、その内容に拘束されます。
  • 自動車は、クーリング・オフできません。
  • 消耗品(化粧品や健康食品等)は、使用した分は原則クーリング・オフできません。
  • 販売方法別のクーリング・オフ期間(契約日を1日目とする無条件解約可能な期間)は次のとおりです。
    訪問販売・キャッチセールス・SF商法・アポイントメントセールス・電話勧誘販売・特定継続的役務提供(エステティックサロン・外国語会話教室・家庭教師派遣・学習塾・パソコン教室・結婚相手紹介サービスの6役務)は8日間、マルチ商法(連鎖販売取引)、内職・モニター商法(業務提供誘引販売取引)は20日間の期間があります。

定められた期間を過ぎて解約する時は、原則事業者との同意が必要です。
詳しくは、消費生活センターにお尋ね下さい。

【鎌倉市消費生活センター】
市役所本庁舎1階玄関自動扉脇市民相談課
電話:0467-24-0077(直通)

お問い合わせ

所属課室:経営企画部市民相談課消費生活担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2358

メール:seikatu@city.kamakura.kanagawa.jp