よくある質問 市民相談

ホーム > よくある質問 > 市民相談  鳥・虫等 > 自宅または近隣の樹木にカラスが巣を作って、近くを通ると襲われるのですが?

ここから本文です。

更新日:2015年1月23日

よくある質問

よくある質問質問

自宅または近隣の樹木にカラスが巣を作って、近くを通ると襲われるのですが?

よくある質問回答

3月から7月にかけてカラスの繁殖期にあたり、多くのカラスがねぐらを離れ、庭木や公園の樹木、街路樹などに営巣します。この時期は親カラスが過敏になり、特に、巣立ちの時期(6月~7月)に、ヒナが巣の周りで飛ぶ練習を始めるときが、最も過敏になります。
この時期には、巣がある付近を通る人を威嚇するために、背後から飛んできて頭を蹴ることもあります。

迂回できる道があれば、できるだけその付近を避けて通行するようにしてください。
迂回ができない場合は、親カラスの動きに注意しながら、できるだけ早くその場から立ち去るようにしてください。
また、身を守るためには、帽子をかぶる、傘をさすことなどが有効です。

また、庭木などに巣作りを始めたら、被害を未然に防ぐために、完成する前に巣を撤去するとよいでしょう。
ただし、既に抱卵や子育てが始まっている巣を撤去する場合は、鳥獣保護法による市長の許可が必要です。

カラスも生きるため、子どもを守るために懸命なのです。自然界の営みをご理解ください。

お問い合わせ

所属課室:環境部環境保全課

電話番号:0467-61-3454

メール:bika@city.kamakura.kanagawa.jp