よくある質問 市民相談

ホーム > よくある質問 > 市民相談  鳥・虫等 > カラスに巣をつくられないようにするには、どうすればいいですか?

ここから本文です。

更新日:2013年5月10日

よくある質問

よくある質問質問

カラスに巣をつくられないようにするには、どうすればいいですか?

よくある質問回答

身近なところに巣を作られないよう、次のことに注意してください。

【巣の材料となるものを片付けましょう】
本来は木の小枝だけで作りますが、市街地では洗濯物干しに使用されている針金ハンガーも利用して作ることがあります。市内でも実際に針金ハンガーが多量に使われた巣がありました。
カラスの巣材に使われないようにするために、洗濯物を取り込んだあとの針金ハンガーは、必ず片付けるようにしましょう。

【巣が掛けやすい枝をなくしましょう】
ご自宅の敷地内に大きな木などがある場合には、適宜剪定を行い(11月~1月)、枝を間引いて巣が掛けにくいようするとよいでしょう。
特に剪定後、再び細かい枝が伸びてきて、巣を掛けやすい枝振りになることがあります。樹木の種類にもよりますが、できるだけ枝が放射線状にならないよう剪定しましょう。

【巣作りを始めたら早めに撤去しましょう】
針金ハンガーや小枝を運んで来て巣作りを始めたら(3月~4月頃)、完成する前に巣を撤去するようにしてください。
抱卵や子育てが始まってから(4月~6月頃)巣を撤去する場合には、鳥獣保護法による市長の許可が必要です。

お問い合わせ

所属課室:環境部環境保全課

電話番号:0467-61-3454

メール:bika@city.kamakura.kanagawa.jp