ホーム > よくある質問 > 税金  固定資産税 > 所有者が変わったのに納税通知書が送られてきたのはどうしてですか?

ここから本文です。

更新日:2018年3月12日

よくある質問

よくある質問質問

所有者が変わったのに納税通知書が送られてきたのはどうしてですか?

よくある質問回答

納税通知書は、毎年1月1日現在に登記簿に所有者として登録されている方に送付されます。

解説

固定資産税・都市計画税は、1月1日現在において登記簿に所有者として登録されているかたに課税されます。従って、年の途中で所有者が変わっても、その年の4月に1月1日現在の所有者あてに納税通知書が発送されます。この場合の税金の支払方法については、前所有者と新所有者との契約の際に取決めることが一般的です。なお、登記されていない家屋の所有者変更は、「未登記家屋所有者変更届出書」の申請が必要ですので、「未登記家屋所有者変更届出書」に必要事項を記入の上、資産税課窓口までお越しください。

固定資産税よくある質問トップページへ

お問い合わせ

所属課室:総務部資産税課

電話番号:0467-61-3931

メール:sisanzei@city.kamakura.kanagawa.jp