ここから本文です。

更新日:2018年1月6日

展示室紹介

1:通史展示室

原始・古代から近現代に至る鎌倉の歴史を通覧

通史展示室

鎌倉の歴史を通史的に紹介する展示室です。原始・古代から近現代に至る鎌倉の歴史の中から10件の重要事項を選び、写真パネルによる解説と関連する実物資料をケース展示で紹介します。鎌倉の通史をコンパクトにまとめた3分半の映像展示もご覧いただけます。

2:中世展示室

中世都市鎌倉と武士の営みを紹介

中世展示室

源頼朝が居を構えて以降、都市として発展した鎌倉の中世の様相を紹介する展示室です。考古資料と写真パネルを用いた5セクションにより、中世都市鎌倉と武士の営みを紹介しています。鎌倉の地形模型に映像を投影するジオラマプロジェクションマッピングも見どころです。

3:近世・近現代展示室

観光地化が進んだ近世から近代、そして現代まで

 

近世・近現代展示室

政治都市としての求心力を失いながらも、参詣地・観光地として新たな地歩を確立した近世~近代の様子、また歴史的遺産との共生を目指す現代の鎌倉の歩みを、パネル展示を中心に紹介します。写真パネルによる特集展示「杉原千畝と小辻節三」のコーナーもあります。

4:考古展示室

中世鎌倉の都市生活の実像を語る出土遺物

考古展示室

鎌倉の地下には、現在も多くの遺跡が眠り、日々発掘調査が進められています。この展示室では、鎌倉で発掘された出土品を通して、鎌倉の地に生きた中世びとの暮らしの有様を紹介します。最新の発掘成果をふまえた速報展示や企画展示も随時開催しています。

平成30年1月4日から3月17日までは、発掘調査速報展2018vo.1「特集:鎌倉の構造と境界」を開催しています。

 施設配置図 

施設配置図

  本館建物延べ面積:1,137.77平方メートル

別館建物延べ床面積:267.56平方メートル

ダウンロード

出品リスト(PDF:747KB)

展示ガイド(PDF:658KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:歴史まちづくり推進担当 

電話番号:0467-73-8501

ファクス番号:0467-73-8545

メール:rekibun@city.kamakura.kanagawa.jp