ホーム > 産業・まちづくり > 道路 > 市道の管理 > 大雨・浸水に備えて準備しておくこと~防災上の注意点~

ここから本文です。

更新日:2019年8月13日

大雨・浸水に備えて準備しておくこと~防災上の注意点~

普段から気象情報に注意することで、大雨、集中豪雨は、時期や規模をある程度予測することができます。

いざという時に備え、日頃から対策をとるようにしましょう。

防災関係の広報をよく聞きましょう。

テレビ・ラジオの情報に耳を傾けたり、携帯電話・スマートフォン等のアプリを活用したりして、早めに情報を収集するようにしましょう。

市でも、防災・安全情報メールを配信しています。

家の周辺を点検しましょう。

大雨等による冠水に備えて

  • 冠水に備え、雨水ますの清掃をしましょう。市でも定期的に清掃を行っていますが、大雨の時は落ち葉などが詰まり、冠水の原因になることがあります。雨水ますのフタの上にあるごみを取り除くだけでも効果がありますので、ご自宅周辺の雨水ますについて、清掃にご協力をお願いいたします。
  • 道路上の踏み石が、雨水の流れを悪くすることがあります。撤去にご協力ください。

強風等による倒木に備えて

  • 道路にはみ出した庭木や、垂れ下がっている枝、はがれかかっている看板などはないでしょうか。民地内の庭木や生け垣については各管理者の責任で剪定や撤去をしていただいています。管理している方は早い時期に対応をお願いします。
  • なお、強風等による道路上の倒木などを発見された場合は、下記お問い合わせ先までご一報ください。

お問い合わせ

所属課室:都市整備部道水路管理課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-23-3000

内線:2393