ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 台風第19号災害義援金の支給について

ここから本文です。

更新日:2020年2月7日

令和元年台風第19号災害義援金の支給について

 令和元年台風第19号で被害を受けた方へ、神奈川県等が募集した災害義援金を支給します。  
 対象の被害区分が記載された罹災証明書を、原則2月末までに申し込んだ方に支給のための案内を送付しますので、罹災証明書未取得の方は、まず消防署に連絡を!

 (一度、罹災証明書を取得していれば、他の申請等に使用したため手元にない場合でも、本市で被害状況が確認できますので、再取得する必要はありません。)

対象となる被災世帯 

 台風第19号単独(又は台風第15号と第19号の両方)で、被災時鎌倉市内に居住していた住宅に被害を受けたことが、罹災証明書の被害区分で確認できる場合、原則世帯主の方に、義援金を支給します。

 ただし、2月末までに、消防署から、罹災証明を取得している又は発行申し立てをしていることが必要です。(台風第15号単独の場合は、対象となりません。)

(一度、罹災証明書を取得していれば、他の申請等に使用したため手元にない場合でも、本市で被害状況が確認できますので、再取得する必要はありません。)

※住宅の所有者であっても、実際に居住していない場合(大家等)や別荘等、また、事業所や倉庫等、非住家は対象となりません。

申請方法 

 鎌倉市で罹災証明書の発行状況を確認の上、令和2年3月に順次、生活福祉課から、対象の罹災証明書が発行されいる世帯に、ご案内及び申請書を郵送しますのでお待ちください。

 届きましたら、申請書に記入のうえ、必要書類を添付し、ご返送ください。

 【必要書類】

  • 令和元年台風第19号災害義援金支給申請書
  • 本人確認書類のコピー(運転免許証、健康保険被保険者証、パスポートなど)
  • 預金通帳のコピー

  ※鎌倉市から対象の罹災証明が発行されている世帯へご案内を送付しますので、罹災証明書自体の提出は不要です。

罹災証明書の発行

 義援金の支給申請には、原則2月末までに罹災証明書の取得または発行申し立てが必要です。 

 罹災証明書未取得の方は、被災した住宅のある住所地の消防署へ、まずはお電話でお問い合わせください。

 罹災証明の交付申請について     

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部生活福祉課援護担当

〒248-8686 鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3958

メール:engo@city.kamakura.kanagawa.jp