ここから本文です。

更新日:2016年10月20日

紛失した携帯電話

q紛失した携帯電話が悪用され、伝言ダイヤルサービス業者から次々に請求が届く。
紛失に気付きすぐ警察に届けた。翌日電話会社にも届けて機種を交換した。その後伝言ダイヤル業者が何社も請求してくる。どれも登録されていると言われ、1社にはすでに言われるまま振込んだ。他社からも連絡するようにメッセージが届く。警察に届けた後の登録料金請求だが、支払わなければならないか。
a紛失した間の第三者の使用に基づいて発生したと思われる支払であっても、電話会社の通話料は契約名義人に支払い義務が発生します。しかし、有料サイト等の利用料(情報料)には、支払い義務はありません。
支払わないこと、携帯での請求にこちらの氏名や連絡先を教えないこと、携帯番号を変えることなどの対策を助言しました。
また、支払い済の分も警察に申し出ておくよう伝えました。 

お問い合わせ

所属課室:経営企画部市民相談課消費生活担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2358

メール:seikatu@city.kamakura.kanagawa.jp