ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活のよくある相談事例 > 排水管清掃等契約を解約したい

ここから本文です。

更新日:2016年10月20日

排水管清掃等契約を解約したい

 

 q昼間は高齢の父母のみが家にいる。
昨日事業者の訪問を受け、このままでは排水管が詰まってしまうといわれ、排水管清掃を行ない、さらに調湿剤を散布した。
契約額は412,760円、うち排水管清掃代233,000円は現金で払い、調湿剤の分は信販契約とした。
昨日のうちに工事は終わったが、解約したい。
a排水管清掃、調湿剤散布の訪問販売はクーリングオフ可能なので、本人の名で書面を送付するよう、また事業者による原状回復の作業の際には、高齢者だけでなく家族が立ちあうよう助言しました。

このように、契約書が交付された日を含めて8日以内に通知すれば、作業が終わっていても消費者から一方的に契約を解除できます。
クーリング・オフの通知は「内容証明郵便」や「はがき」を配達記録にするなど、必ず書面で行いましょう。はがきの場合は必ずコピー(表・裏とも)をとっておきましょう。
見知らぬ人の訪問には慎重に対応し、安易に自宅に入れないで下さい。
また、訪問業者の言葉をうのみにせず、“よくわからない”場合は、家族、公的機関などに問い合わせてから決めてください。
いらないときは、「契約しない、帰ってください」という意思をはっきり示しましょう。
消費者契約法では、業者が勧誘時に重要なことについて事実と異なる説明をしていた場合や、契約しない意思を示したにもかかわらず業者が退去せずに締結した契約は取り消すことができます。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部市民相談課消費生活担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2358

メール:seikatu@city.kamakura.kanagawa.jp