ここから本文です。

更新日:2016年10月20日

エステの追加契約

 q店に出向き10回のエステ契約をした。印鑑がなかったため4日後に持参、その際初回の施術を受けた。10回の契約を20回に変更するよう熱心に勧められ、了承した。
しかし、エステに出向くたびに契約を勧められるのではないかと不安になり、また、32万円と高額なので解約したい。
支払いは10万円を現金、残金はクレジットカードの支払いにした。
aクーリングオフの申出を書面で行うよう助言しました。
また当窓口より契約先に電話連絡をして、クレジットカード決済分は手続き前なので廃棄し、現金分は口座に返金するとの回答を得ました。
エステティックサロンなどのサービスは特定継続的役務といって、一定の条件が整うと、店舗販売でも消費者がクーリングオフによる無条件解約ができることになっています。契約から8日間以内に通知することが必要です。この解約の効力は、同時に購入した化粧品など関連商品にも及びます。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部市民相談課消費生活担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2358

メール:seikatu@city.kamakura.kanagawa.jp