ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活のよくある相談事例 > 訪販で契約した外壁塗装工事

ここから本文です。

更新日:2016年10月20日

訪販で契約した外壁塗装工事

 

q隣家の工事(契約金額180万円)を施工しているという業者が来訪し、同時期に建てた隣家も工事しているのでどうかと勧められて契約した。翌日から施工が始まり、現在進行中である。232万円と高額なのに見積書は渡されておらず、契約書には具体的な内容が記載されていない。代金を値引くと言われたがその書面も渡されていない。
工事内容に不安である。工事概要がわかる書面と値引きを要求したい。
a契約から10日目の相談でした。
不安を感じている内容を書面に書いて送付するよう助言しました。書面の内容についても助言し、相談者による値引き交渉の結果、隣家と同額に値引きすることで話がつき、工事が終了したとの報告が後日ありました。
このような飛び込みの訪問販売によるトラブルの苦情相談は、多く見られます
特にリフォームの場合は、1つの業者の言い分を鵜呑みにするのではなく、工事の必要性を含めて複数の業者、できれば建築士等信頼できる専門家の意見を聞き、見積書を比較検討してから契約することが望ましいといえます。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部市民相談課消費生活担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2358

メール:seikatu@city.kamakura.kanagawa.jp