ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 消費生活のよくある相談事例 > 盗難にあったレンタルビデオ

ここから本文です。

更新日:2016年10月20日

盗難にあったレンタルビデオ

q1年半程前に車上荒しに遭い、車の中にあった借りたばかりのビデオ2本を盗まれた。
すぐに店に連絡したが、後日店長から連絡すると言われそのままになっていた。
今回債権の譲渡を受けたという業者からおよそ32万円という高額なレンタル料の請求が届き、3日以内に支払うように言ってきた。
aレンタルビデオ店は相談者からの問い合わせに、「この請求は当店とは関係ない」と答えていることから、ビデオ店の名簿が債権回収を名乗る業者に流れ、正当な債権に基づかない請求があったと判断しました。
請求を無視するよう助言しました。
その後相談者からの連絡がありませんが、本来であればレンタルビデオ店の個人情報漏洩を問題とすべきだと考えます。

 

お問い合わせ

所属課室:経営企画部市民相談課消費生活担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2358

メール:seikatu@city.kamakura.kanagawa.jp