ここから本文です。

更新日:2016年10月20日

クリーニング

 q婦人用上着をクリーニングに出しましたが、返却時に肩にひっかけ傷を発見しました。
何かしら対応してほしいと申し出ました。クリーニングにより肩が破れたことはお店も認めているのですが、ハイクラスとして依頼しているので、工場が特定できず、待ってほしいといわれました。そんなことわたしには関係がないことですが、2ヶ月が経過してしまい何の連絡もありません。とても着用できるものではありませんし、補償してもらいたいです。購入してから6ヶ月、はじめてのクリーニングなのにとても不満です。
a当窓口よりそのお店に連絡をしました。相談者の意向を伝えたところ、「すでに修理に出しているので、お客様が出来上がったものを見て、納得しない場合は補償に応じます」とのことでした。その後、相談者から連絡はなくなりました。
事故原因がクリーニング業者にある場合、全国クリーニング環境衛生同業組合連合会とSマーク登録店ではクリーニングの基本的な解決方法の自主基準を設定し、このクリーニング賠償基準に照らして賠償をしています。

 

 

お問い合わせ

所属課室:経営企画部市民相談課消費生活担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2358

メール:seikatu@city.kamakura.kanagawa.jp