ここから本文です。

更新日:2019年4月22日

 

青少年問題協議会

 審議会の概要

青少年の指導、育成等に関する総合的施策の調査審議等の事務を行う市の附属機関として設置された機関です。

青少年問題協議会委員市民委員を募集します

青少年の育成や、保護などに関する総合的施策等の樹立に必要な、調査審議や連絡調整を行う市民委員を1名募集します。

対象者

市内在住の20歳以上で、市職員ではない人

謝礼

会議出席1回につき1万円(交通費を含む)

任期

委嘱日から2年間

応募方法

論文で、テーマは「私が考える青少年への支援」について、800字以内で提出。

住所・氏名・年齢・電話番号を記載し、令和元年(2019年)6月28日(金)までに(必着)、青少年課に直接お持ちいただくか、郵送で提出してください。

 

子ども・若者育成プラン

概要

このプランの概要は次のとおりです。

目的

子ども・若者(いわゆる青少年)に対する健全な育成と困難に直面している青少年に対する支援、青少年が大人として自立するための環境整備を目的としています。

対象者

鎌倉市に居住する0歳から30歳までの子ども・若者が対象です。(就労支援に関しては30歳代まで対象。)

期間

平成28年度から平成32年度までの5年間です。

理念・目標

地域社会のつながりや絆の大切さを基本とし、青少年にはいずれ成長して地域の担い手となってほしいという願いを込めて理念を定め、理念に基づき5つの目標を定めました。

理念

歴史と文化のまち、鎌倉に住むわたしたちは、

  毎日の生活の中で、自然と人とふれあい、出会い・喜び・感動を体験し、思いやりと正義を学びます。

  夢・希望・誇りを持ち、安心して暮らすことができる自立と共生の社会を実現します。

 

子ども・若者は、

  親や教師・地域の大人に習い、また、仲間を大切にします。

  自分の課題や役割に取り組み、失敗を恐れず目標に挑戦します。

  鎌倉の歴史と自然に学び、これからの鎌倉の担い手となります。

 

大人は、

  市民としての、親としての責任を自覚し、子ども・若者の手本となります。

  地域とのつながりを大切にして、鎌倉のまちづくりと子ども・若者の育成に努めます。

 

行政は、

  家庭・学校・地域と連携して、子ども・若者を健全に育成する環境を整えます。 

目標

感動体験を通じて、豊かな人間性を育てよう

人と人とのつながりの中で、社会の担い手となるための社会性と主体性を育てよう

鎌倉の自然・歴史・文化とかかわりながら、鎌倉を愛する心を育てよう

子どもと共に、大人も成長しよう

気軽に相談でき、支援を受けられ、安全安心に暮らせるまちにしよう

重点目標

次の3点を青少年の育成・支援のための特に重要な目標としました。

・ 青少年の居場所づくり

・ 困難に直面する青少年に対する支援体制の充実

・ 子ども・若者による社会参画の推進

鎌倉市子ども・若者育成プラン(平成23年8月から平成28年3月まで)

表紙(PDF:139KB)

市民憲章(PDF:94KB)

はじめに(PDF:117KB)

目次(PDF:78KB)

本文(PDF:1,449KB)

事業一覧(PDF:404KB)

資料編(PDF:367KB)

プラン原案に対する意見一覧(PDF:175KB)

裏表紙(PDF:63KB)

鎌倉市子ども・若者育成プラン(平成28年4月から平成33年3月まで)

鎌倉市子ども・若者育成プラン(改訂版)(PDF:3,811KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:こどもみらい部青少年課青少年担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2464