ホーム > 産業・まちづくり > 歴史まちづくりの取り組み

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

歴史まちづくりの取り組み

鎌倉市の歴史まちづくりの取り組み

市では、貴重な歴史的遺産の保存・継承に努めるだけでなく、歴史や文化を身近に感じ、市民が暮らしやすく誇りに思えるまちとするため、「歴史的遺産と共生するまちづくり」を進めています。

この一環として、平成27年12月、「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(歴史まちづくり法)」に基づく「歴史的風致維持向上計画」を作成するとともに、平成28年1月に文部科学大臣、農林水産大臣、国土交通大臣の認定を受けました。

今後も、歴史的遺産の保全をはじめ、観光と市民生活の両立や「人」優先の交通環境の実現などに取り組み、歴史的遺産と共生するまちを目指します。

歴史まちづくり法とは

我が国のまちには、城や神社、仏閣などの歴史上価値の高い建造物が、またその周辺には町家や武家屋敷などの歴史的な建造物が残されており、そこで工芸品の製造・販売や祭礼行事など、歴史と伝統を反映した人々の生活が営まれることにより、それぞれ地域固有の風情、情緒、たたずまいを醸し出しています。「歴史まちづくり法」は、こうした良好な市街地の環境(歴史的風致)を維持・向上させ後世に継承するため、平成20年に制定されました。

歴史的風致とは

歴史的風致とは、歴史まちづくり法第1条において「地域におけるその固有の歴史及び伝統を反映した人々の活動と、その活動が行われる歴史上価値の高い建造物及びその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地の環境」と定義されており、ハードとしての建造物と、ソフトとしての人々の活動を合わせた概念です。

そのため、単に歴史上価値の高い建造物が存在するだけではなく、地域の歴史と伝統を反映した人々の活動が展開されていて初めて歴史的風致が形成されることになります。

歴史的風致維持向上計画とは

市では、平成27年12月に歴史まちづくり法に基づく「鎌倉市歴史的風致維持向上計画」を作成し、平成28年1月25日付けで主務大臣(文部科学大臣、農林水産大臣、国土交通大臣)による認定計画となりました。

歴史まちづくり法では、国と地方自治体とが協力しながら、地域における「歴史的風致」の維持・向上に努めるよう定められています。市が策定した「歴史的風致維持向上計画」を国が認定することで、国の支援を受けながら、歴史的風致の維持・向上に資する様々な施策を着実に進めていくことができることとなります。

計画は「鎌倉市歴史的風致維持向上計画」についてからダウンロードいただけます。

 鎌倉市歴史的風致維持向上計画(素案)への意見募集について

鎌倉市歴史的風致維持向上計画(素案)について、平成27年8月18日〜平成27年9月17日の間、意見募集を行いました。(募集は終了しました)

詳しくはこちらをご覧ください。

 鎌倉市歴史的風致維持向上計画協議会について

鎌倉市歴史的風致維持向上計画の作成及び変更に関する協議等を行うため設置しています。

鎌倉市歴史的風致維持向上計画協議会条例(PDF:83KB)

鎌倉市歴史的風致維持向上計画協議会条例施行規則(PDF:83KB)

委員名簿(PDF:84KB)

○これまでに開催された会議の結果については「これまでの歴史的風致維持向上計画協議会の会議結果について」をご覧ください。


 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:歴史まちづくり推進担当  

鎌倉市御成町18-10 本庁舎4階

電話番号:0467-61-3849

メール:rekimachi@city.kamakura.kanagawa.jp