ホーム > 市政情報 > 選挙 > 鎌倉市明るい選挙推進協議会の取組

ここから本文です。

更新日:2016年10月14日

鎌倉市明るい選挙推進協議会の取組

神奈川県選挙管理委員会表彰を受賞

 平成26年度の鎌倉市明るい選挙推進協議会の活動が評価され、平成27年12月14日(月曜日)に神奈川県選挙管理委員会表彰を受賞しました。

表彰状県授賞式写真

明るい選挙推進運動とは

私たちの様々な意見や要望は、「選挙」で選出された代表者によって国や地方の政治に反映されます。

私たち一人ひとりが、この大切な選挙について、正しく理解し、候補者の人物や政見、政党の政策などを見極め、大切な自分の一票を進んで投票することが必要です。

「明るい選挙」とは、有権者が主権者としての自覚を持って進んで投票に参加し、選挙が公明かつ適正に行われ、私たちの意思が正しく政治に反映される選挙のことで、これを進めるための民間・行政が一体となって取り組む運動を「明るい選挙推進運動」といい、次の3つの目標を掲げています。

  1. 選挙違反のないきれいな選挙を行なうこと
  2. 有権者がこぞって投票に参加すること
  3. 有権者が普段から政治と選挙に関心をもち、候補者の人物や政見、政党の政策などを見る眼を養うこと

鎌倉市明るい選挙推進協議会のご紹介

鎌倉市明るい選挙推進協議会は、協議会事業の趣旨に賛同する会員約70名が参加する組織です。

明るく正しい選挙の実現と、より良い政治の実現のため、選挙管理委員会と連携し、投票を呼び掛ける啓発活動や、政治を身近に感じてもらうための事業を推進しています。

協議会の主な事業

明るい政治が行われるには、すべての有権者が常日頃から政治に深い関心を持ち、選挙にあたっては自己の信念に基き必ず投票するとの観点から次に掲げる運動を実施しています。

  • 話し合い活動

話し合いは、推進協議会の会員が、企画、人集めなどを行い、私たちの生活に直接結びつく問題をみんなで持ち寄り、参加者全員の意見を交換し、解決の糸口を引き出すものです。

  • 市政を知る会

市の行政をはじめとし、行政について学ぶ機会を市民に提供し、市民の政治意識高揚を図る目的で有識者による講演会を、年2回程開催しています。

  • 機関紙の発行

協議会の機関紙である「白ばら」を発行することにより、協議会活動を外部に向け周知させるとともに、協力関係を日常的につくっていくことを目的としています。

年間発行回数は2回で、500部発行しています。

配布対象は、会員、自治・町内会長などですが、広く市民のみなさまにもご覧いただくため、市庁舎及び支所のカウンターにも配架しています。

最新の「白ばら」はこちら(PDF:487KB)からダウンロードできます。

  • 行政施設見学会

協議会会員を中心に行政施設を見学し、会員相互の知識の向上と親睦を図るために開催しています。

  • 支部活動

協議会は、市を5地域(鎌倉、腰越、深沢、大船、玉縄)に分け、それぞれの支部ごとに話し合い活動を展開し、日常的に市民との関係を密にし、生活と政治のかかわりを学習・普及していきます。

協議会設立当時の資料

鎌倉市明るい選挙推進協議会は、昭和37年(1962年)6月3日に設立されました。

設立時の活動の様子や機関紙、ビラなど貴重な記録を発掘しましたので、掲載します。

当時の活動内容や、昭和30年代の鎌倉の様子を垣間見ることができます。

是非、ご覧ください。

basic09

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:選挙管理委員会事務局  

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2471・2472

メール:election@city.kamakura.kanagawa.jp