ホーム > 市政情報 > 鎌倉市の紹介

ここから本文です。

更新日:2016年2月22日

鎌倉市の紹介

歴史

鎌倉は、日本における古代から中世への転換期において源頼朝をリーダーとする武家が、日本で初めての武家政権を樹立し、それまでの貴族支配に替わる武家の支配を築いた場所です。幕府を開いた頼朝は、幕府の組織を整えるとともに都市づくりを開始しました。都市づくりがほぼ完成した1230年ころに なると、幕府は全盛期を迎え、鎌倉は政治、軍事、外交、文化などあらゆる面で日本の中心地となりました。当時の築港である和賀江島を通じて中国の宋や元と の交易が盛んに行われ、禅宗、禅宗様建築、仏像彫刻、彫漆など様々な中国文化がもたされました。それらは長い年月のなかで守り続けられ、今日でも中世の社 会を支えた繁栄の歴史と華やかな文化を伝えています。

市制施行について

市制施行日

昭和14年11月3日

「鎌倉市」が誕生するまで

昭和14年11月3日に当時の鎌倉町と腰越町が合併し、鎌倉市が誕生しました。
その後、昭和23年1月に深沢村、同年6月に大船町を編入して、現在の鎌倉市となりました。

位置

極東…東経139゜35´(十二所七曲)
極西…東経139゜29´(腰越三丁目)
極北…北緯35゜21´(関谷東正院)
極南…北緯35゜17´(材木座六丁目)

面積

総面積…39.53平方キロメートル
鎌倉地域…14.22平方キロメートル
腰越地域…4.21平方キロメートル
深沢地域…8.22平方キロメートル
大船地域…8.40平方キロメートル
玉縄地域…4.48平方キロメートル

周囲

35.20キロメートル

海岸線延長

7.00キロメートル

広ぼう

東西…8.75キロメートル
南北…5.20キロメートル

市の花

リンドウ

リンドウ(リンドウ科)

リンドウは、秋になるとひっそりと紫の花をつけます。やや乾いた産地や草地に生 る多年草で、葉はササに似て対生します。リンドウの葉と花を図案化した 「ササリンドウ」が鎌倉市の市章になっています。

市章

市章

ササリンドウ

鎌倉市市章「ささりんどう」について

制定日

昭和27年11月3日

ささりんどうとは

リンドウの葉と花をあしらったりんどう紋の通称。藤原時代に貴族の衣服の文様として用いられ、村上源氏一門の家紋としても知られている。ただし、鎌倉源氏や清和源氏の家紋であるというのは俗説で、学術的根拠は無い。

 市の木

ヤマザクラ

ヤマザクラ(オオシマザクラを含む=バラ科)

ヤマザクラは、春になると新葉とともに白い五弁の花を開き、昔から和歌などに多く 読まれ、日本人に愛されてきました。かつては鎌倉の山にもたくさんあり、薪・炭材と して使われていました。今も山のあちこちに残っていて春になるとみごとな花が楽しめ ます。

 

お問い合わせ

所属課室:経営企画部秘書広報課秘書担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

内線:2210