ホーム > 市政情報 > 広報 > フォトニュース

ここから本文です。

更新日:2017年11月29日

フォトニュース

子育てをサポート!由比ガ浜こどもセンターオープン(11月29日更新)

子育てをサポート!由比ガ浜こどもセンターオープン材木座保育園と稲瀬川保育園の津波や施設老朽化の対策と、子育て環境の充実を図るため開設した「由比ガ浜こどもセンター」の開所式が11月27日(月曜日)に行われました。

地上3階建てのこの建物は、「由比ガ浜保育園」、「鎌倉子育て支援センター」、「障害児通所支援施設(平成30年4月オープン)」の複合型施設で、津波避難ビルとしての役割も担っています。

開所式当日は、園児がソーラン節を披露しました。

 

市役所にて消防総合訓練を実施(11月22日更新)

市役所にて消防総合訓練を実施秋季火災予防運動に伴い、11月20日(月曜日)11時から市役所本庁舎にて消防総合訓練を実施しました。

当日は本庁舎1階給湯室から出火したという想定で、市職員、鎌倉・大船消防署、消防団、横浜市消防局による消火訓練や、はしご車・ヘリコプターでの救助救出訓練を実施しました。

 

市立中学校で給食がスタート(11月8日更新)

給食を食べる学生

成長期の子どもたちに栄養バランスの良い昼食を提供する目的で、11月7日(火曜日)から、市立中学校(全9校)で給食がスタートしました。

特製ランチボックスにバラエティー豊かなおかずが盛り付けられ、ご飯と汁物は温かいまま、各校ごとに用意した専用トラックで運ばれ、生徒たちに提供されます。

市立中学校専用に作られた工場では、エアシャワールームで全身のほこりを除去した調理員たちが、異物混入を見逃さないよう、金属探知機で盛り付けられたランチボックスをチェックするなど、徹底した衛生管理を行っています。

鎌倉市が湘南ベルマーレのホームタウンに(11月2日更新)

記者会見写真

10月24日に開催されたJリーグ理事会において、本市が湘南ベルマーレのホームタウンに承認されました。

これに伴い、市長と湘南ベルマーレによる共同記者会見を11月1日(水曜日)に市役所にて開催しました。

写真中央左:株式会社湘南ベルマーレ代表取締役会長 眞壁潔氏、写真中央右:同スタッフ中里宏司氏(元湘南ベルマーレトップチーム選手/鎌倉市出身)

鎌倉リサイクリエーションプロジェクトを実施(10月17日更新)

回収ボックス

市役所本庁舎前庭にて現在、市民の皆さんから使用済みのシャンプーやリンスなどの清潔製品詰め替えパックを回収するボックスを設置しています。

回収した詰め替えパックを原料としてブロックおもちゃを作製し、そのブロックおもちゃで江ノ電車両と安野モヨコさんのマンガキャラクター「オチビサン」の模型を制作します。

当プロジェクトは協力事業者との連携により回収から資源化まで行うもので、循環型社会の実現に向けてより適正な容器包装リサイクル制度の構築を検証するものです。

皆さんのご協力をよろしくお願いします。

鎌倉芸術館リニューアルオープン(10月10日更新)

鎌倉芸術館

鎌倉芸術館( 外部サイトへリンク )が大規模修繕を終え、10月1日(日曜日)から再開館しました。

平成29年1月から9月末までの間休館し、大・小ホールの照明、音響、舞台機構などの設備の更新や、内装などの改修を行いました。

皆さまのご利用をお待ちしています。

かまくら×ふるさとチョイスCaféで返礼品を紹介(9月27日更新)

かまくら×ふるさとチョイスCaféで返礼品を紹介

9月22日(金曜日)から24日(日曜日)に、有楽町「ふるさとチョイスCafé」にて、鎌倉市ふるさと寄附金PRキャンペーンを実施しました。

当日は、魅力的な返礼品の展示や試飲・試食、鎌倉彫体験のワークショップなどを行いました。

鎌倉の美しい自然や景観、貴重な歴史的遺産を大切にし、次世代に引き継いでいくため、鎌倉を愛する皆さま、鎌倉市ふるさと寄附金のご協力をお願いします。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部秘書広報課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp