ホーム > 市政情報 > 広報 > フォトニュース

ここから本文です。

更新日:2018年10月12日

フォトニュース

姉妹都市物産展を開催(10月12日更新)

姉妹都市物産展を開催

萩市のかまぼこや夏ミカン、上田市のリンゴや地酒、足利市からはようかんやセーターなど、一堂に会した姉妹都市の名産品を楽しむチャンスです。
10月12日(金曜日)と13日(土曜日)の9時30分から16時30分(13日は15時30分まで)、鎌倉生涯学習センターで、姉妹都市物産展を開催しています。
鎌倉市は鎌倉やさいやボードゲームを販売しています。お祭りのように賑やかです。ぜひ皆さんでお越しください。ご来場の際は、マイバックをご持参ください。

鎌倉薪能は60回目を迎えます。金春(こんぱる)流宗家らが市長を表敬訪問(9月19日更新)

鎌倉薪能は60回目を迎えます。金春(こんぱる)流宗家らが市長を表敬訪問

9月18日(火曜日)に、金春流宗家らが市長を表敬訪問しました。
当日は、第1回から鎌倉薪能の監修を務めてきた金春流から、金春憲和(こんぱる のりかず)家元と、鎌倉薪能の総合プロデュースを務める金春流能楽師の山井綱雄(やまい つなお)師が、能の演目「翁」を披露してくれました。
1959年から続く「鎌倉薪能( 外部サイトへリンク )」は今年で60回目を迎えます。10月5日(金曜日)~7日(日曜日)の3日間、鎌倉宮の特設舞台で行われます。

LINE株式会社と包括連携協定を締結(9月7日更新)

LINE株式会社と包括連携協定を締結

9月4日(火曜日)に、本市とLINE株式会社は包括連携協定を締結しました。
本市が進める行政手続きの電子化や、手数料等のキャッシュレス化などを、国内約7,600万人が利用するLINEを活用することで、市民の利便性の向上を図るとともに、行政の働き方改革や効率化を進め持続可能な都市かまくらを実現していきます。

具体的には、防災情報やごみ収集等をお知らせするプッシュ配信、SNSによる相談、LINE Payを活用したキャッシュレス化、アンケート調査などを実施していく予定ですので、ご期待ください!

夏休み一日市長体験を実施(8月30日更新)

夏休み一日市長体験を実施

8月24日(金曜日)に市内の小学4~6年生を対象とした夏休み一日市長体験を実施しました。
当日参加した11人の鎌倉市長たちは、松尾崇市長と共に、市役所内の各職場や、市長の執務室、議場の見学を行いました。市長の仕事や、市の抱えている課題について学び、考えてくれました。
子どもたちは、市長席や議長席などに座って記念撮影をしたり、「私が鎌倉市長になったら」のテーマで、市の未来について一人一人が考え、記者発表を行ったりしました。
市ゆかりの漫画家である安野モヨコさんの「オチビサン」を使用したオリジナル名刺で、市長と名刺交換をした子どもたちはとても喜んでいました。一日市長体験が楽しい夏の思い出になれば嬉しく思います。

夜間一斉ライトアップ 夜涼みに「灯かり」の世界を歩きませんか(8月24日更新)

鎌倉文学館

「かまくら長谷の灯かり」( 外部サイトへリンク )が、今年で3回目を迎えました。

写真は鎌倉文学館です。星空をイメージした幻想的な庭園、心地よい海からの風、虫の音、この時期にしか出会えない夜が待っています。

鎌倉文学館のほか、鎌倉大仏殿高徳院、光則寺、極楽寺、収玄寺、長谷寺、甘縄神明宮、御霊神社、江ノ電極楽寺駅でもライトアップが見られます。週末のひとときを、幻想的な灯かりの世界で過ごしてみませんか。

8月26日(日曜日)18時30分~20時30分(最終入場は20時00分まで)まで行います。

お問い合わせは「かまくら長谷の灯かり実行委員会」事務局 江ノ島電鉄株式会社(0466)24-2715

Bienvenue ようこそ かまくら! フランスから国際交流員を任用(8月14日更新)

かまくら フランスから国際交流員を任用

国際交流を推進するため、(一財)自治体国際化協会のJETプログラム事業を活用し、「国際交流員」を任用しました。

今回任用されたネームエレンさんは、母親が日本人で、フランスの大学では、政治と国際交流について学んでいたとのことです。本市では、フランスニースとの姉妹都市交流に関する仕事や、国際交流フェスティバルに関する仕事を行います。

エレンさんは鎌倉市で働くことについて、「日本語が聞き取れないことがあるかも知れないので少し緊張していますが、日本で働くことが初めてなので、わくわくしています。」と笑顔で話していました。

JETプログラム事業とは、地方公共団体が諸外国の若者を特別職の地方公務員として任用し、外国語教育の充実や地域の国際交流のために働いたりする機会を提供する事業です。

小学生たちが図書館員の仕事を体験(8月2日更新) 

小学生たちが図書館員の仕事を体験市内の小学生が図書館員の仕事を体験する「としょかんいんになってみよう」を、8月1日(水曜日)の午後2時30分から中央図書館で実施しました。小学3~6年生の5人が参加し、実際にカウンターでの本の貸し出し返却業務や、返却された本を本棚に戻す業務を体験しました。
普段は入ることのできない地下書庫を見学したり、グループで協力して正解の本を探すレファレンスクイズをしたり、楽しく図書館員の仕事を学んでもらいました。
今回の体験を通じて、子どもたちがより本を好きになってくれたら嬉しく思います。

『鎌倉の未来を考える』かまくら子ども議会を開催(7月30日更新)

「鎌倉の未来を考える」かまくら子ども議会を開催

第18回「かまくら子ども議会」を7月26日(木曜日)午前9時から市議会本会議場で開催し、市立の学校13校と清泉小学校、鎌倉女学院中学校から、代表の児童・生徒30人が子ども議員として参加しました。質問では、子どもたちが自分たちで気がついたこと、これからのかまくらに願うこと、そして「よりよいまちづくりのために自分たちにできることはなにか」などを、子ども議員が自分たちの言葉で力強く投げかけました。また、「鎌倉の人々が一丸となって、みんなが安心して暮らせる町づくりを実現していくよう、『鎌倉愛』で私たちがこれからの鎌倉をつくっていきます」と平成30年度のかまくら子ども議会宣言が行われました。
ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました!

お問い合わせ

所属課室:共創計画部広報広聴課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp