ホーム > 市政情報 > 広報 > フォトニュース

ここから本文です。

更新日:2017年8月14日

フォトニュース

宮城県七ヶ浜町の中学生が来庁(8月14日更新)

宮城県七ヶ浜町の中学生が来庁東日本大震災により被災した宮城県七ヶ浜町と本市は、2014年にパートナーシティ協定を締結しています。

8月10日(木曜日)に七ヶ浜町の中学生が市長へ表敬訪問をしました。震災の経験などについて市長と意見を交わした後、市役所ロビーで観光PRをしました。また、8月11日には「鎌倉市中学生防災サミット」に参加しました。

市長と語ろう「ふらっとミーティング」を開催(8月9日更新)

市長と語ろう

市が抱えている問題や将来に向けた課題について、市民の皆さんと市長がフラットな立場で率直に語り合う「ふらっとミーティング」を腰越学習センターで開催しました。

今後は、8月9日(本日)、20日(日曜日)、25日(金曜日)、27日(日曜日)にも実施を予定しています。どなたでも参加でき、事前申込は不要です。是非お越しください。

女子学生などを対象とした消防職業体験(8月4日更新)

女子学生などを対象とした消防職業体験

8月1日(火曜日)に市消防本部にて、女子学生などを対象とした消防職業体験(ワンデーインターンシップ)を実施しました。

女子学生に消防職員を目指してもらうきっかけづくりとして、今年度からはじめた取り組みで、8人の学生などが参加し、はしご車乗車訓練・放水訓練・普通救急講習・消防体操などの体験をしてもらいました。未来の消防士として、活躍してくれることを期待しています。

かまくら子ども議会が行われました(7月28日更新)

かまくら子ども議会7月26日(水曜日)に市議会本会議場にて、かまくら子ども議会が行われました。

市内の小中学生が参加し、「鎌倉の未来を考える」というテーマのもと、市長らと活発な議論を交わしました。

由比ガ浜海水浴場に巨大砂像が出現しました(7月19日更新)

由比ガ浜海水浴場に巨大砂像が出現しました鎌倉花火大会を今年も開催するため、協賛金をクラウドファンディングで募ったところ、1100万円を超える協賛金が集まりました。ご支援に対する「おおきなお返しの品」として、市内在住の奥西希生さん(彫刻家)らが、花火大会開催のために支援してくださった方々へ由比ガ浜のまもり鳩砂像、横浜DeNAベイスターズのマスコットDB.スターマンなどの3体の砂像を制作してくださいました。
7月18日に完成式が行われ、由比ガ浜海水浴場滑川近くで8月1日までご覧いただけますので、是非足をお運びください。

花火大会のパンフレットデザイン表彰式が行われました(7月11日更新)

花火大会パンフレットデザイン表彰式

7月10日(月曜日)、市役所で、花火大会のパンフレットデザイン表彰式が行われました。24点の応募作品の中から、花火大会実行委員会の協賛・運営部会や、市長の審査を経て、市内在住の小学3年生栗田優妃さんの作品が、最優秀賞に選ばれました。

最優秀作品は、市内の全戸に配布される「花火大会パンフレット」の表紙に採用されます。また、佳作に選ばれた4名の作品についても、同パンフレットに掲載されます。

海水浴場を開設しました(7月5日更新)

海水浴場を開設しました7月1日(土曜日)から8月31日(木曜日)までの午前9時から午後5時まで、材木座、由比ガ浜、腰越の3カ所で海水浴場を開設します。海水浴場の開設に先立ち、7月1日に材木座海岸で海開き式が行われました。

ファミリービーチの実現に向けた取り組みとして、材木座海岸では、子ども向け海上遊具を設置しました。また、3海水浴場共通の取り組みとして、子ども用ライフジャケットや水陸両用車イスの貸し出しを無料で行います。

夏休みの思い出づくりに、ぜひ遊びにきてください。

国土交通大臣表彰を受賞しました(6月23日更新)

国土交通大臣表彰を受賞しました鎌倉市主催の「緑のレンジャー・シニア講座」の修了生の有志により結成されている、鎌倉みどりのレンジャーが第28回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞しました。この賞は、花と緑の愛護に顕著な功績のあった団体に対し、その功績をたたえ、緑化推進活動の模範として国土交通大臣が表彰を行うものです。団体の方々が表彰状を持ち、6月21日に市役所に報告にいらっしゃいました。
源氏山などの公園の整備、地域自治会との協働による緑化活動などを20年間実施しており、昨年度からは、市教育委員会との史跡協働管理事業にも取り組んでいます。

ゴーヤのカーテンで涼しい夏を過ごしませんか(6月16日更新)

ゴーヤのカーテンで涼しい夏を過ごしませんか市では、省エネルギー対策やヒートアイランド対策の普及啓発の一環として、6月15日(木曜日)に緑のカーテン栽培講座を実施しました。大平花園代表を講師としてお招きし、参加した市民に対し、土や肥料の配合・苗植付け・水やり・追肥の方法について説明をしていただきました。
建物の壁面や窓を、つる性植物(朝顔やゴーヤなど)で覆い日差しを遮ることで、室内温度の上昇が抑えられます。エアコン使用の抑制にもつながり電力使用量の削減効果も期待できます。
皆さんも一工夫することで涼しい夏を過ごしませんか。

市内のアジサイが咲きはじめました(6月8日更新)

市内のアジサイが咲きはじめました鎌倉では、例年6月の第1週から第3週にかけて綺麗なアジサイをご覧いただけます。現在市内の『山あじさい』は見頃を迎えていますが、その他のアジサイは咲き始めたばかりです。各地のアジサイの開花時期については、かまくら観光をご確認ください。例年6月下旬以降は、アジサイの剪定が行われるところもあり、ご覧いただけなくなる場合がありますのでご注意ください。また、アジサイで有名なお寺はシーズン中大変混み合います。入場規制がかかり、長時間お並びいただくこともありますので、午前中のお早目の拝観をお勧めします。

市民のみなさまとつくる鎌倉花火大会(5月26日更新)

市民のみなさまとつくる鎌倉花火大会7月19日(水曜日)19時20分から20時10分に由比ヶ浜・材木座海岸にて、第69回鎌倉花火大会を開催します。1948年から始まった歴史ある花火大会を今年も開催するため、市役所1階受付に本物の一尺玉(直径30センチ)をイメージした「市民玉一尺花火募金箱」を設置しています。市民のみなさまのご支援・ご協力をお願いいたします。この貯金箱に書かれている「市民玉プロジェクト」という文字は、墨芸家 三池克祐さんが書いたものです。空に舞う花火をイメージし、力強く、美しく書かれています。
iikuniクラウドファンディング( 外部サイトへリンク )でも5月31日(水曜日)まで花火の支援者を募集しています。
また、市内在住・在学の小・中学生から花火大会パンフレットの表紙デザインを6月8日(木曜日)まで募集しています。
みなさんで一緒に鎌倉花火大会を盛り上げましょう!

鎌倉文学館のバラが見ごろを迎えました(5月19日更新)

鎌倉文学館バラまつり「鎌倉」・「流鏑馬」・「化粧坂」・「薪能」・「かまくら小町」など鎌倉にゆかりの深い名前を持つ、201種・246株のバラを鎌倉文学館でご鑑賞いただけます。
鎌倉文学館は昭和11年に建てられた洋館を利用し、昭和60年に開館した鎌倉三大洋館のひとつです。
6月4日(日曜日)まで開催されるバラまつりの期間中には、ヴァイオリン&ピアノコンサートやバラの解説が行われ、庭園の特設カフェもご利用いただけます。
色とりどりのバラの美しい眺望を見に、是非足をお運びください。

鎌倉歴史文化交流館を開館(5月15日更新)

鎌倉歴史文化交流館を開館子どもから大人までが、鎌倉の歴史的・文化的遺産を学び、体験し、交流できる場として、「鎌倉歴史文化交流館」を開館しました。この建物は、平成25年に土地建物と施設整備費助成金などの寄付をいただき、それらを活用して整備したものです。もとの建物は著名な建築家ノーマン・フォスター氏が代表を務めるフォスター+パートナーズの設計によるもので、建物の魅力を活用しながら、そのデザインに配慮した改修工事を行いました。
開館時間は10時~16時(入館は15時30分まで)、休館日は日曜日・祝日です。約250点の出土品やジオラマ映像などで原始・古代から現代までの鎌倉を知ることができる鎌倉歴史文化交流館に是非足をお運びください。

お問い合わせ

所属課室:経営企画部秘書広報課広報広聴担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-61-3867

メール:koho@city.kamakura.kanagawa.jp