ホーム > 市政情報 > 募集 > 職員などの募集 > 会計年度任用職員募集

ここから本文です。

更新日:2020年1月23日

会計年度任用職員募集

会計年度任用職員について

1.制度趣旨

令和2年4月に施行される地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律(平成29年法律第29号)により、特別職非常勤職員(一部を除く)又は臨時的任用職員は、「会計年度任用職員」となります。
会計年度任用職員は、一般職の地方公務員として地方公務員法が適用され、条件付採用や人事評価、懲戒処分、分限処分、その他地方公務員法に定める服務規程(信用失墜行為の禁止、秘密を守る義務、職務に専念する義務、政治的行為の制限、争議行為等の禁止)が適用となります。

2.主な勤務条件

勤務時間

1日当たり7時間45分以内、週当たり38時間45分以内とし、職によって異なります。(週当たりの勤務時間が38時間45分未満の場合は、パートタイム会計年度任用職員となります。)

給料又は報酬

常勤職員の職務内容のうち、定型的・補助的な業務を担っている職については、鎌倉市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例に規定する給料表のいずれかの号給に位置づけて給料又は報酬を支給します。
なお、常勤職員に類似しない専門職については、各職の支給額が支給されます。

手当

特殊勤務手当、超過勤務手当、休日給、夜勤手当、宿日直手当、期末手当の支給対象となります。(パートタイム会計年度任用職員には、特殊勤務手当、超過勤務手当、休日給、夜勤手当、宿日直手当相当分の報酬を支給します。)

(注)勤務条件は募集する職毎に異なりますので、詳細は、各職の募集案内で御確認ください。

3.会計年度任用職員の募集

現在、以下の職について募集しています。

募集中

募集終了