ホーム > 産業・まちづくり > 商工業 > 資生堂鎌倉工場跡地寄付予定地活用事業者について

ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

資生堂鎌倉工場跡地寄付予定地活用事業者について

平成30年11月2日に開催した資生堂鎌倉工場跡地立地事業者選考審査会の結果に基づき、次のとおり決定したため公表します。

優先候補者

株式会社豊島屋

評価点

415点(480点満点)

提案賃貸借価格(年額)

6,000円/㎡
契約における賃貸借価格は、賃貸借契約締結前に再度不動産鑑定を行い、応募要項に記載した参考価格5,580円/㎡(年額)と再鑑定後の価格の伸び率を算出し、提示された㎡単価、登記簿上の面積及び伸び率をかけ合わせて算出する。

審査講評

株式会社豊島屋は、市内において、創業以来120年を超える営業実績をもつ老舗である。財務諸表では、負債額の割合が少なく健全な経営状況となっている点が特筆される。また、地域のまちづくりに貢献する取組についても、周辺住民の声を第一に、利益を生まない事業であっても可能な限り地域が望むものを提供したいという姿勢やこれまでの実績も大きく評価された。加えて、賃貸借価格についても2社の比較で高い金額が提示されたことも評価された。
しかし、市内の事業所からの移転であることもあり、新たな雇用の創出という観点について、委員からは「当該地において事業の拡大を行い、雇用の創出に積極的に努めていただきたい」との意見が述べられた。
一方、株式会社サダ・マーチャンダイジングリプリゼンタティブは、メーカーズシャツ鎌倉の商品開発を行う企業である。当社は、近年急成長を遂げており将来性について期待できるものの、持続性・安定性といった面で株式会社豊島屋との間に差があり、今回の選考審査会では、第2位の評価となった。
提案内容は、マテリアルハンドリングを機械化する等、生産システムのモデルとなるマザー工場を自ら運営し、現在取引をしている縫製工場の底上げを目指す事業である。その拠点を市内に誘致することは、地域ブランドの向上という点からも価値のあるものであり、委員からは「他の用地を斡旋する等、市として積極的に誘致に取り組むべきである」との意見が出された。

提案者の名称

  • 株式会社豊島屋
  • 株式会社サダ・マーチャンダイジングリプリゼンタティブ

選考審査会

  • 会長 佐藤伸一(公益財団法人神奈川産業振興センター事業部長)(事務事業に関し識見を有する者)
  • 委員 若林隆夫(大船工業倶楽部理事長代理)(事務事業に関係を有する団体が推薦する者)
  • 委員 田子祐司(鎌倉市大船自治町内会連合会長)(事務事業に関係を有する団体が推薦する者)
  • 委員 宮本孝二(神奈川県産業労働局産業部企業誘致・国際ビジネス課長)(関係行政機関の職員)
  • 委員 小柳志保(東京地方税理士会鎌倉支部)(事務事業に関し識見を有する者)
  • 委員 増田直弥(湘南信用金庫鎌倉営業部副部長)(事務事業に関し識見を有する者)

 

お問い合わせ

所属課室:市民生活部商工課商工担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:内線2355

メール:shoko@city.kamakura.kanagawa.jp