ホーム > 産業・まちづくり > 商工業 > 新型コロナウイルス感染症に関する中小企業支援について > 経営安定関連保証(新型コロナウイルス感染症に関するセーフティネット保証)

ここから本文です。

更新日:2020年7月31日

経営安定関連保証(新型コロナウイルス感染症に関するセーフティネット保証)

認定要件 / 申請に必要な書類 / 申請窓口 

 認定要件(セーフティネット保証4号)

新型コロナウイルス感染症の発生に起因して売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置で、次のいずれにも該当する中小企業者が措置の対象となります。

  • 申請者が、指定地域において1年間以上継続して事業を行っていること。
  • 新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、その事業に係る当該災害等の影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高又は販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高。以下「売上高等」という。)が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

*この制度のご利用にあたっては、市町村長が発行する認定書が必要です。法人の場合は本店所在地、個人事業の場合は主たる事業所が所在する市町村に申請してください。

 申請に必要な書類

  1. 認定申請書 2部 (様式ダウンロード ●PDF:88KB ●ワード:33KB
    ※押印は不要です。
  2. 実在が確認できる①、②のうちいずれかの書類(コピー可)
    <法人>
    ①商業登記簿謄本、履歴事項全部証明書等
    ②事業活動上不可欠な支出に係る証明関係(賃貸契約書の写し、公共料金支払い領有書など)、出店証明や営業許認可証などから2種以上
    <個人>
    ①確定申告書の写し
    ②開業届、営業許認可証などのうち1種 
  3. 売上高確認書 (様式ダウンロード ●PDF:152KB ●エクセル *実印(代表者印) 押印)
    (各月の売上高等が分かる書類(売上台帳等)でも可
    ※新型コロナウイルス感染症の発生に起因して売上高等が減少している場合は、最近1か月間の売り上げと、その後の2か月間の見込みを含む3か月の売上高等が、前年同期に比べて20%以上減少していることが確認できるよう、金額をご記入のうえ、ご用意ください。
    (例)令和2年5月に申請する場合:令和2年4月の実績、5月・6月の見込み額と、平成31年4月、令和元年5月、6月の実績を比較します。 

 申請窓口

鎌倉市市民生活部商工課商工担当

鎌倉市御成町18番10号(市役所本庁舎1階25番窓口)
受付時間:8時30分~17時15分(12時~13時は除く)

 中小企業者が金融機関から融資を受ける場合の流れ

 

融資までの流れ


中小企業信用保険法は、信用保証協会が中小企業に対する事業資金の融資を円滑にさせるため、中小企業者の債務の保証(信用保証制度)に対して保険をつけ、それにより中小企業の振興を図ることを目的として定められている法律です。

信用保証制度は、中小企業者が金融機関から事業資金の融資を受けるとき、信用保証協会がその借入金の債務を保証することにより、金融機関からの借入を容易にする制度です。信用保証協会は、中小企業者の債務保証を行う都度、日本政策金融公庫と保険契約を結びます。

 

商工業のページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部商工課商工担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000

内線:2355

メール:shoko@city.kamakura.kanagawa.jp