ここから本文です。

更新日:2017年9月7日

健康管理

熱中症にご注意ください

熱中症とは

 熱中症は、気温・温度の上昇により、体内の水分や塩分、ミネラルのバランスが崩れ、体内調整機能がうまく働かなくなり発症します。

 次のような症状があったら、熱中症を疑いましょう。

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、気分が悪くなる
  • 頭痛、吐き気、体がだるい、体がぐったりする
  • 意識障害、けいれん、体が熱い 

乳幼児や高齢者は特に注意してください

 気温がそれほど高くない日や、屋内にいる場合、就寝中でも、熱中症は誰もが発症する可能性があります。特に乳幼児や高齢者は、暑さや水分に関する感覚機能がうまく働かず、熱中症になりやすいので充分な予防が必要です。寝る前にも水分をとるようにしましょう。

熱中症の予防法

  • こまめに水分補給をする
  • エアコン・扇風機を上手に使用する
  • 部屋の気温・温度を測り、上昇に注意する
  • 吸汗・速乾素材の衣服を選び、涼しい服装をする
  • 暑いときは、無理な運動や作業を控える
  • 外出時には日傘、帽子をもつ
  • 部屋の風通しを良くする
  • 涼しい場所・施設を利用する
  • 緊急時・困った時の連絡先を確認する
  • テレビやホームページで熱中症予防情報を確認する

熱中症が疑われた場合の対処方法

  • 安静

     冷房がきいている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる。

  • 冷却

     衣類をゆるめて、首の周り、脇の下、足の付け根などを冷やす。

  • 補給   

     スポーツドリンクなどで、体内から失われた水分と塩分を補給する。

 

    水分・塩分の補給をしても症状が改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。

    自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

熱中症関連サイト

 厚生労働省( 外部サイトへリンク )

 環境省( 外部サイトへリンク )

 気象庁( 外部サイトへリンク )

 総務省消防庁( 外部サイトへリンク )

 神奈川県( 外部サイトへリンク )

 

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民健康課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3979

メール:shikenko@city.kamakura.kanagawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?