ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種について > 鎌倉市成人の風しん等予防接種について

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

鎌倉市成人の風しん等予防接種について

風しんの感染、流行を予防するため、成人の風しん等予防接種費用の一部を助成します。

平成29年度鎌倉市成人の風しん等予防接種実施医療機関一覧(PDF:137KB)

 1.風しんとは

風しんに感染している方に直接、触れたり、また、感染している方が触れた物に触っただけでも感染する可能性があります。

潜伏期間は2~3週間です。軽い風邪症状で始まり、湿疹や熱が出るのが主な症状です。その他、眼の結膜が充血することもあります。湿疹や熱は約3日で治るので「三日ばしか」とも呼ばれることがあります。

合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎なども報告されています。

免疫のない女性が妊娠初期に感染すると、そのウイルスが赤ちゃんにも感染し、先天性風しん症候群という目、耳、心臓等に障害がある赤ちゃんが生まれる可能性が高くなるといわれています。

 2.補助対象者

鎌倉市に住民登録をしている方、または東北地方太平洋沖地震に伴う被災者で、平成7年4月1日以前に生まれた方のうち下記のいずれかに当てはまる方を対象とします。ただし、過去に風しんにかかったことがある方と風しんの予防接種を受けたことがある方は対象になりません。

  1. 妊娠を予定または希望している女性(妊娠中の方は除きます。)
  2. 妊娠中の方の夫

 3.接種を受ける女性への注意事項

    1. 妊娠中の方、または妊娠の可能性がある方は、接種を受けることができません。

            出産後または妊娠していないことが確実な時に接種を受けてください。

   2. 接種後2カ月間は、避妊してください。

 4.補助対象期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

 5.補助金額

受ける予防接種の種類によって異なります。

  1. 風しん単抗原予防接種は、一人当たり上限4,000円
  2. 麻しん風しん(MR)混合予防接種は、一人当たり上限7,000円
  3. 次に当てはまる方は、予防接種費用の全額

     (1)同一世帯の家族全員が市民税・県民税非課税の方

     (2)生活保護受給中の方

 6.予防接種の受け方

   1. 実施医療機関に接種の予約をし、ワクチンを準備してもらう。

   2. 男性の方は、必ず母子健康手帳の1ページの写しを医療機関に提出してください。

     提出がない場合は、全額自己負担となります。

   3. 各医療機関でかかる費用のうち、補助金額を差し引いた金額が請求され

     ますので、その場でお支払いください。(差し引いて請求された金額が自己負担額です。)

   4. 市民税非課税世帯及び生活保護受給者の方は、実施医療機関に自己負担額をお支払いいただ

     き、市役所市民健康課(TEL 0467-61-3942)に連絡し、自己負担額の助成を受ける手続きをし

     てください。(自己負担額がわかる領収書原本が必要です。)             

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部市民健康課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3942

メール:shikenko@city.kamakura.kanagawa.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

1:あなたの年代を教えてください

2:ご使用の端末を教えてください

3:このページは分かりやすかったですか?