ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 統計・データ > 事業系生ごみ等分別収集モニタリング調査

ここから本文です。

更新日:2018年7月17日

事業系生ごみ等分別収集モニタリング調査

「鎌倉市事業系生ごみ等分別収集モニタリング調査」結果について(平成23年度)

調査の概要

名越クリーンセンターの延命化工事の基本設計を踏まえ実施計画につなげるため、現在の燃やすごみに含まれる生ごみを排出源において分別し、それを収集することを具体的に仮定して、排出源において分別される生ごみや燃やすごみの性状等の基礎データを収集することを目的として調査を実施しました。

 

ここで報告書の内容がご覧になれます。

 

「鎌倉市事業系生ごみ等分別収集モニタリング調査」結果について(平成20年度)

調査の概要

鎌倉市では、廃棄物の3Rを総合的に推進するため、家庭系および事業系一般廃棄物に含まれる生ごみと下水道汚泥等をメタン発酵し、エネルギーを回収する資源化施設の整備を計画しています。
その整備に向けて、施設の処理能力などについて、基本となる計画を策定するのに必要な情報を収集し、資料とすることを目的として、平成18年度に実施しました家庭系の「生ごみ分別収集モニタリング調査」に続き、「事業系生ごみ等の生ごみ分別収集モニタリング調査」を実施しました(調査期間:平成21年1月20日~平成21年3月31日)。
調査では、店舗等事業者の協力を得て、実際に生ごみを分別排出していただき、生ごみの排出量の推計、生ごみに混ざっている、プラスチック類、金属、ガラス類など生ごみ以外のものの混入度合などを調査・分析しました。

ここで報告書の内容がご覧になれます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部環境施設課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-61-3625