ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 鎌倉市地域防災計画(地震災害対策編)

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

鎌倉市地域防災計画 (地震災害対策編)

 地域防災計画は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第42条の規定に基づき、鎌倉市防災会議が、鎌倉市の地域に係る災害に関し、市域の災害予防、災害応急対策、災害復旧・復興等に関する事項を定め、市、指定地方行政機関、指定公共機関等の行う防災・減災対策を、総合的かつ計画的に実施することにより、市民の生命、身体及び財産を災害から守ることを目的としています。

 鎌倉市地域防災計画は、昭和39年に災害全般に対応するための基本計画として策定され、その後幾度と改定を重ねてきました。この度、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって引き起こされた東日本大震災を教訓とするため、市民・事業者・行政が連携した防災まちづくりと新たな津波対策を中心として、平成25年2月に鎌倉市地域防災計画地震災害対策編を大幅に見直しました。また、平成25年6月に災害対策基本法が改正されたため、その対応として一部修正を行いました(24年度一部修正の概要(PDF:154KB))。また平成29年3月に災害対策本部の代替施設を消防本部内(大船)とする等の変更に伴う一部修正を行いました。

  

計画修正のポイント

表紙・目次(PDF:824KB) 

Ⅰ 鎌倉市地域防災計画(地震災害対策編)について(PDF:1,761KB)

Ⅱ 鎌倉市地域防災計画(地震災害対策編)の主な改定ポイント(PDF:7,904KB)

避難所施設分布図(PDF:1,964KB)

防災情報の活用(PDF:1,024KB)

 

鎌倉市地域防災計画(地震災害対策編)平成25年2月改定

表紙・目次(PDF:251KB)

 加除一覧(PDF:46KB)

 ■総則

 第1章(PDF:1,773KB) 

第1章 地震・津波災害対策の計画的な推進

 第1節 計画の目的、位置づけ

 第2節 市の自然的、社会的条件 

 第3節 計画の前提条件

 第4節 計画の推進主体とその役割

 第5節 計画の推進管理

■地震災害予防計画

 第2~4章(PDF:746KB)

第2章 都市の安全性の向上

 第1節 計画的な土地利用と市街地整備の推進

 第2節 歴史的遺産と自然環境の保全

 第3節 公園・緑地等の防災空間の確保

 第4節 道路、橋りょうの安全対策と交通環境の整備

 第5節 がけ崩れ対策等の推進

 第6節 液状化対策

 第7節 ライフラインの安全対策

 第8節 危険物施設等の安全対策

 第9節 建築物の安全確保対策

 第10節 住宅対策

 第3章 災害時応急活動事前対策の充実

 第1節 災害時情報収集・提供体制の拡充

 第2節 災害対策本部組織体制等の拡充

 第3節 救助・救急、消火活動体制の充実

 第4節 警備・救助対策

 第5節 避難対策

 第6節 災害時要援護者対策

 第7節 孤立化地域への対策

 第8節 食糧、飲料水及び生活必需品の供給対策

 第9節 医療・救護・防疫対策

 第10節 文教対策

 第11節 緊急交通路及び緊急輸送道路等の確保対策

 第12節 建築物等対策(危険度判定、応急修理)

 第13節 ライフラインの応急復旧対策

 第14節 災害廃棄物等の処理対策

 第15節 広域受援体制の拡充

 第16節 災害救援ボランティア活動体制等の充実強化

第4章 市民・企業への啓発、自主防災活動及び防災訓練

 第1節 市民・企業等の役割

 第2節 防災知識の普及と意識の向上

 第3節 自主防災組織・防災コミュニティの育成強化

 第4節 防災訓練の実施

■地震災害応急対策計画

 第5~6章(PDF:513KB)

 第7~9章(PDF:557KB)

 第10章(PDF:426KB)

 第11~15章(PDF:593KB)

 第16~18章(PDF:428KB)

 第19~23章(PDF:476KB)

第5章 応急活動体制

 第1節 応急活動期に留意すべき事項

 第2節 初動活動

 第3節 災害対策本部等の設置

 第4節 職員の動員と配備

 第6章 情報収集・伝達・広報

 第1節 緊急災害情報の収集

 第2節 災害情報の収集・伝達

 第3節 災害時広報

第7章 広域連携・受援体制

 第1節 応援要請

 第2節 自衛隊に対する災害派遣要請

 第3節 広域応援の受入れ

第8章 救助・救急、消火活動

 第1節 各主体の役割

 第2節 消防職員・消防団員の動員及び参集

 第3節 救助・救急活動

 第4節 消火活動

第9章 医療救護活動

  第1節 医療救護体制

 第2節 救急医療活動

第10章 避難・被災者受入れ、保護対策

 第1節 避難対策

 第2節 避難所(ミニ防災拠点)の開設と運営

 第3節 姉妹都市等他市町村への避難先のあっせん

 第4節 観光客等滞在者の域外移送

 第5節 帰宅困難者対策

 第6節 ペット・動物の保護収容

第11章 生活救援活動

 第1節 飲料水及び生活用水の確保・供給

 第2節 食糧の供給

 第3節 生活必需物資の調達・供給

 第4節 救援物資の受入れ・配分

 第5節 応急仮設住宅の建設及び被災住宅の応急修理

第12章 保健衛生、防疫、遺体の処置に関する対策 

 第1節 健康管理・防疫対策

 第2節 行方不明者に関する対応及び遺体の捜索

 第3節 遺体の処置、火葬

第13章 災害時要援護者支援対策 

 第1節 災害時要援護者に関する確認及び支援

 第2節 在宅災害時要援護者の安全確保

 第3節 社会福祉施設利用者、外国人の安全確保

 第4節 高齢者・障害者等に配慮した仮設住宅

 第5節 仮設住宅地区における見守り活動の推進

第14章 応急教育

 第1節 学校防災に関する対策

 第2節 避難所としての運営との両立

 第3節 保護者、地域との協力

第15章 文化財等の災害応急対策

 第1節 情報の収集

 第2節 応急対策

第16章 交通規制・緊急輸送対策

 第1節 災害時交通規制 

 第2節 緊急輸送

 第3節 緊急道路啓開

 第4節 公共交通網の応急対策

第17章 警備・救助、環境管理対策

 第1節 警備・救助対策の実施

 第2節 被災地環境管理

第18章 ライフラインの応急復旧

 第1節 上水道施設

 第2節 下水道施設

 第3節 電力施設

 第4節 都市ガス施設

 第5節 電話(通信)施設

第19章 廃棄物処理対策

 第1節 ごみ収集・処理

 第2節 し尿収集・処理

 第3節 災害廃棄物の処理

第20章 被災者等への情報提供・相談、物価の安定等に関する活動

 第1節 被災者への情報提供

 第2節 災害相談の実施

 第3節 応急金融対策の実施

 第4節 物価の安定、物資の安定供給

第21章 災害救援ボランティアの受入れと活動

 第1節 災害救援ボランティアの受入体制

 第2節 市民及び民間防災活動等

第22章 災害救助法の適用

 第1節 災害救助法の適用

 第2節 災害救助法の適用基準と手続き

第23章 二次災害の防止対策

 第1節 水害・土砂災害対策

 第2節 建築物、構造物等の対策

 第3節 被災宅地の危険度判定及び地盤沈下等による浸水対策

 第4節 爆発物、有害物質等による二次災害対策

■津波災害対策計画

 第24~25章(PDF:401KB)

第24章 津波災害予防計画

 第1節 津波に強いまちづくり

 第2節 津波防災知識の普及、訓練

 第3節 災害時応急活動事前対策の充実

第25章 津波災害応急対策計画

 第1節 津波発生直前の対策

 第2節 津波発生直後の情報の収集・連絡

 第3節 応急活動対策

■復旧・復興計画

 第26章(PDF:444KB)

第26章 復旧・復興対策

 第1節 災害復旧計画の策定

 第2節 復興体制の整備

 第3節 復興対策の実施

■東海地震に関する事前対策計画

 第27~29章(PDF:835KB)

第27章 総則

 第1節 目的

 第2節 本計画の範囲

第28章 予防対策

 第1節 緊急整備事業

 第2節 地震防災応急計画(地震防災規程)の作成

 第3節 教育・訓練等

第29章 東海地震にかかる対応措置

 第1節 対応内容

 第2節 警戒宣言等の伝達

 

 以上

 

鎌倉市地域防災計画(地震災害対策編)改定原案に対する意見公募(終了しました) 

平成24年度において、鎌倉市地域防災計画(地震災害対策編)を改定するにあたり、 意見公募(パブリックコメント)を平成24年11月19日から平成24年12月19日まで実施しました。市民のみなさまから、貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。

 詳細はこちら(意見公募のページ)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災安全部総合防災課  担当者名:防災担当

鎌倉市御成町18-10 第3分庁舎2階

電話番号:2615

内線:2615

ファクス番号:0467-23-3373

メール:sogobo@city.kamakura.kanagawa.jp