ここから本文です。

更新日:2017年2月27日

防災対策の見直し

平成23年3月の東日本大震災により、本市の防災対策上のいくつかの課題が明らかになりました。現在、次のような取り組みを行っています。また、東日本大震災を踏まえ内容を見直した、総合防災訓練を実施しています。

鎌倉市地域防災計画の見直し

今回明らかになった課題を整理し、今後、防災対策の一層の充実を図る為、神奈川県や関係機関の防災計画等との整合性を図りながら、鎌倉市防災会議等を開催し、鎌倉市地域防災計画(地震災害対策編)の見直しを行いました。また、近年の風水害から得られた教訓を反映させるため、鎌倉市地域防災計画(風水害等災害対策編)の見直しを行いました。

 

避難勧告等の発令について

 お住まいの地域で発生が考えられる事象を日頃から把握し、発令時には早期に避難行動を開始するようにお願いします。なお、災害の対象事象と発令基準・内容は以下のとおりになります。

 

対象の事象と市の行動
  事 象                           市の行動
河川の氾濫

河川巡視、降雨量、気象予測などを総合的に判断し、洪水・内水ハザードマップ上の

「洪水浸水想定区域」などに避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)を発令します。

土砂災害

気象予測などを総合的に判断し、土砂災害ハザードマップ上の「土砂災害警戒区域」などに避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)を発令します。

津波

津波注意報、津波警報、大津波警報が発表された場合に、それぞれ避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)を発令します。

 

避難準備情報等の名称変更について

 平成28年台風第10号により、岩手県の高齢者施設では避難準備情報の意味するところが伝わっておらず、適切な避難行動がとられず被災されたことを重く受け止め、「避難準備情報」が高齢者が避難を開始する段階であることを明確にするため、「避難準備・高齢者等避難開始」に名称が変更されました。 

  詳細は内閣府ホームページへ(外部リンク)( 外部サイトへリンク )

 

市が発令する内容とお願いする行動
  発令内容                        市民の行動
避難準備・高齢者等避難開始

家族などとの連絡、非常用持ち出し品の用意など、避難準備を開始。

避難行動に時間がかかる人(ご高齢の方、乳幼児をお連れの方)は避難を開始。

避難勧告 通常の避難行動ができる人は、計画された避難所への避難行動を開始。
避難指示(緊急) 直ちに避難行動に移る。時間がない場合は、生命を守る最低限の行動をとる。

 

 また、消防庁ホームページに「早め早めの避難を行うために」( 外部サイトへリンク )として、今後の台風等による水害・土砂災害に備えた、いざという時の避難行動のポイントが掲載されています。

 

 なお、鎌倉市における詳細な発令基準は以下のとおりになります。

 避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)について(PDF:217KB)

防災行政用無線の難聴地区の解消

屋外子局の増設、緊急速報メールの導入(災害・津波警報・避難情報)、を実施しました。

観光滞留者対策

避難場所・備蓄品の確保、避難場所への誘導方法の検討、帰宅困難者訓練の実施

津波対策

県へ津波浸水区域の見直し要請(PDF:97KB)、避難場所の再検討、津波避難訓練および防災教育の実施、電柱等へ海抜表示の実施津波ハザードマップの改定津波避難ビルの整備津波避難計画津波避難経路マップ(由比ガ浜・材木座~長谷・坂ノ下エリア)(PDF:3,579KB)津波避難経路マップ(腰越~七里ガ浜エリア)(PDF:3,355KB)

寒冷期の宿泊訓練

寒冷期の避難所生活を体験することにより、市民各自の災害対策検討のきっかけとするとともに、行政の避難所対策の検証等を目的とし、下記の日程で宿泊訓練を実施しました。

ミニ防災拠点宿泊訓練を実施

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災安全部総合防災課 

鎌倉市御成町18-10 第3分庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

内線:2614、2615

ファクス番号:0467-23-3373

メール:sogobo@city.kamakura.kanagawa.jp