ホーム > 防災・防犯 > 防災 > (参考)鎌倉市津波ハザードマップ(平成21年7月作成)

ここから本文です。

更新日:2013年6月11日

(参考)鎌倉市津波ハザードマップ(平成21年7月作成)

  ※現在配布している最新の津波ハザードマップは

 こちらを参照願います。→ 津波ハザードマップ(平成25年3月改定)

 

 以下は、平成21年7月に作成した津波ハザードマップを参考資料として、

 公表しています。  

津波ハザードマップ表紙

 大正12年9月1日に、相模湾沖を震源としたマグニチュード7.9の関東大地震が発生し、市内では、死者500名余、建物の全壊等の被害があり、また津波による二次災害が発生するなど大きな災害となりました。 

 鎌倉市では、神奈川県が作成した津波浸水予測図を基に、避難所情報等を記載した「鎌倉市津波ハザードマップ」を作成しました。このハザードマップは、関東大地震の再来型で、鎌倉市で予想される揺れが震度6強以上といわれている南関東地震を想定しています。

 


鎌倉市津波ハザードマップ

 ・ 材木座から稲村ガ崎(PDF:2,803KB)

 ・ 稲村ケ崎から腰越(PDF:2,905KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災安全部総合防災課 

鎌倉市御成町18-10 第3分庁舎2階

電話番号:0467-23-3000