ここから本文です。

更新日:2014年3月20日

鎌倉市津波浸水予測図(暫定版)を公開します

 「津波浸水予測図(暫定版)」は、平成23年12月に神奈川県が想定を行った「津波浸水予測図(素案)」を基に作成しました。 市内の浸水想定域とともに、公共施設や避難時の目標物をご確認ください。
 県の素案は、23年度中に確定する予定です。確定後、24年度中に、避難所情報などをより詳しく記載した「津波ハザードマップ」を作成・配布します。

 

 

 

 

予測図作成の経緯

 東日本大震災後、相模湾沿岸の市・町は神奈川県へ、最大規模の津波を想定した新たな浸水予測図の作成を要望しました。
これを受け、神奈川県は3つの地震(明応型地震、慶長型地震、元禄型関東地震と神縄・国府津-松田断層帯の連動地震)から想定した「津波浸水予測図(素案)」を公表しました。その中の「明応型地震」の予測図を基に、今回の鎌倉市津波浸水予測図(暫定版)を作成しています。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災安全部総合防災課 

鎌倉市御成町18-10 第3分庁舎2階

電話番号:2614