ホーム > 市政情報 > 情報公開・オープンデータ > 行政文書の作成に関する指針について

ここから本文です。

更新日:2016年12月19日

行政文書の作成に関する指針について

行政文書の作成に関する指針

行政文書の作成については、鎌倉市行政文書管理規則第3条第1項で、事務処理に当たっては、事務処理に係る事案が軽易な場合を除き、処理の内容を行政文書として記録しなければならない旨を定めています。

また、行政文書は、市政の透明性を向上させるために設けられた情報公開制度を運用する上でも必要不可欠なものであり、市民からの市政への信頼を確保するためにも、行政文書を適切に作成することが益々重要となっています。

こうしたことを踏まえ、より適切な行政文書の作成を促進するため、作成に当たっての考え方を具体的な例示や判断基準等により示した指針を、次のようにまとめました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課 

鎌倉市御成町18-10 本庁舎2階

電話番号:0467-23-3000

メール:sohmu@city.kamakura.kanagawa.jp