ホーム > 市政情報 > 告示・公告 > 平成29年度 鎌倉市条例第36号 鎌倉市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例

ここから本文です。

更新日:2018年3月7日

平成29年度 鎌倉市条例第36号 鎌倉市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例

(議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正)
第1条 鎌倉市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例(昭
和32年4月条例第4号)の一部を次のように改正する。
第7条第2項中「222.5/100」を「232.5/100」に改める。
第2条 鎌倉市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一
部を次のように改正する。
第7条第2項中「207.5/100」を「212.5/100」に、「232.5/100」を「227.5/100」に改め
る。
付 則
(施行期日)
1 この条例は、公布の日(以下「施行日」という。)から施行する。ただ
し、第2条の規定は、平成30年4月1日から施行する。
(適用)
2 第1条の規定による改正後の鎌倉市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期
末手当に関する条例(以下「改正後の条例」という。)第7条第2項の規定
は、平成29年11月1日から適用する。
(内払)
3 第1条の規定による改正前の鎌倉市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期
末手当に関する条例の規定により平成29年11月1日から施行日の前日までの
間に支払われた期末手当は、改正後の条例の規定による期末手当の内払とみなす。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部職員課

電話番号:0467-23-3000