ホーム > 市政情報 > 告示・公告 > 平成29年度 鎌倉市条例第39号 鎌倉市障害者の医療費の助成に関する条例等の一部を改正する条例

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

平成29年度 鎌倉市条例第39号 鎌倉市障害者の医療費の助成に関する条例等の一部を改正する条例

鎌倉市障害者の医療費の助成に関する条例等の一部を改正する条例
 (障害者の医療費の助成に関する条例の一部改正)
第1条 鎌倉市障害者の医療費の助成に関する条例(昭和48年10月条例第11号)の一部を次のように改正する。
  第5条第1項第1号中「控除対象配偶者」を「同一生計配偶者」に改める。
(ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部改正)
第2条 鎌倉市ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例(平成4年3月条例第14号)の一部を次のように改正する。
  第5条第1項第1号中「控除対象配偶者」を「同一生計配偶者」に改める。
 (小児の医療費の助成に関する条例の一部改正)
第3条 鎌倉市小児の医療費の助成に関する条例(平成7年9月条例第11号)の一部を次のように改正する。
  第5条第1項中「控除対象配偶者」を「同一生計配偶者」に改める。
付 則
 (施行期日)
1 この条例は、公布の日(以下「施行日」という。)から施行する。
 (経過措置)
2 第1条の規定による改正後の鎌倉市障害者の医療費の助成に関する条例第5条第1項第1号の規定は、平成31年12月1日以後に受けた医療に係る医療費の助成について適用し、同日前に受けた医療に係る医療費の助成については、なお従前の例による。
3 第2条の規定による改正後の鎌倉市ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例第5条第1項第1号の規定は、平成32年1月1日以後に受けた医療に係る医療費の助成について適用し、同日前に受けた医療に係る医療費の助成については、なお従前の例による。
4 第3条の規定による改正後の鎌倉市小児の医療費の助成に関する条例第5条第1項に規定する当該所得があった年が平成29年以前である場合の小児に対する医療費の助成については、なお従前の例による。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保険年金課

電話番号:0467-23-3000