ホーム > 市政情報 > 告示・公告 > 平成29年度 鎌倉市規則第20号 鎌倉市火災予防条例施行規則の一部を改正する規則

ここから本文です。

更新日:2017年10月18日

平成29年度 鎌倉市規則第20号 鎌倉市火災予防条例施行規則の一部を改正する規則

 

鎌倉市火災予防条例施行規則の一部を改正する規則

鎌倉市火災予防条例施行規則(昭和48年12月規則第29号)の一部を次のように改正する。

第28条を第30条とし、第27条の次に次の2条を加える。

(公表の対象となる防火対象物及び違反の内容)

第28条 条例第50条の4第3項に規定する規則で定める公表の対象となる防火対象物は、消防法施行令(昭和36年政令第37号)別表第1⑴項から⑷項まで、⑸項イ、⑹項、⑼項イ、⒃項イ、(16の2)項及び(16の3)項に掲げる防火対象物であって、法第4条第1項の規定による立入検査(以下「立入検査」という。)において次項に規定する違反の内容が認められたものとする。

2 条例第50条の4第3項に規定する公表の対象となる違反の内容は、法第17条第1項の政令で定める技術上の基準に従って屋内消火栓設備、スプリンクラー設備又は自動火災報知設備が設置されていないこととする。

 (公表の手続等)

第29条 条例第50条の4第1項の規定による公表は、立入検査の結果を通知した日から14日を経過した日において、なお、当該立入検査の結果と同一の違反の内容が認められる場合に、当該違反が是正されたことを確認できるまでの間、市のホームページに掲載することにより行うものとする。

2 前項に規定する方法により公表する事項は、次に掲げるものとする。

 ⑴ 前条第2項に規定する違反が認められた防火対象物の名称及び所在地

 ⑵ 前条第2項に規定する違反の内容(当該違反が認められた防火対象物の部分を含む。)

 ⑶ その他消防長が必要と認める事項

   付 則

 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部市民課

電話番号:0467-23-3000