ホーム > 市政情報 > 告示・公告 > 平成29年度 鎌倉市規則第35号 鎌倉市介護予防・日常生活支援総合事業の第1号事業に要する費用の額等を定める規則の一部を改正する規則

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

平成29年度 鎌倉市規則第35号 鎌倉市介護予防・日常生活支援総合事業の第1号事業に要する費用の額等を定める規則の一部を改正する規則

鎌倉市介護予防・日常生活支援総合事業の第1号事業に要する費用の額等を定める規則の一部を改正する規則

鎌倉市介護予防・日常生活支援総合事業の第1号事業に要する費用の額等を定める規則(平成29年3月規則第43号)の一部を次のように改正する。
第1条中「及び同項第2号イ」を「、同項第2号イ及び同項第3号イ」に改める。
第3条の表中「第6条第2項」を「第8条第2項」に改める。
第6条を第8条とし、第5条を第7条とし、第4条を第6条とし、第3条の次に次の2条を加える。
 (訪問型サービスAに要する費用の額の算定に関する基準)
第4条 訪問型サービスA(指定事業者が省令第140条の63の6第2号に基づく基準により提供するサービスをいう。以下同じ。)に要する費用の額は、単価告示に定める介護予防訪問介護の単価を、単位数表1の部に定める単位
数( 同部ハの項注4 から注6 まで及び同部ホの項に規定する単位数を除く。)に乗じて得た額とする。この場合において、次の表の左欄に掲げる単位数表1の部の規定中次の表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の右欄に
掲げる字句に読み替えるものとする。

<表 省略> 

(訪問型サービスO及び訪問型サービスAのサービス提供の制限)
第5条 法第115条の45第1項に規定する被保険者は、同一日に訪問型サービスO及び訪問型サービスA双方のサービスを受けることはできない。
第7条中「前2条」を「第3条、第4条及び第6条」に改める。
付 則
この規則は、平成29年12月1日から施行する。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部高齢者いきいき課介護保険担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎1階

電話番号:0467-23-3000