ホーム > 市政情報 > 告示・公告 > 平成29年度 鎌倉市規則第42号 鎌倉市行政文書管理規則の一部を改正する規則

ここから本文です。

更新日:2018年2月5日

平成29年度 鎌倉市規則第42号 鎌倉市行政文書管理規則の一部を改正する規則

鎌倉市行政文書管理規則(平成14年3月規則第20号)の一部を次のように改正する。
第2条第5号中「、収受、整理」を「・収受、起案・回議、決裁」に改める。
第3条第1項中「軽易」を「軽微」に改める。
第6条第1項中「軽易」を「文書又は図画の作成の補助に用いるため一時的
に記録した電磁的記録その他の軽微」に改める。
第10条第1項中「軽易」を「軽微」に改める。
別表30年の項中
「16 1から15までに掲げるものに類するもの」を
「16 行政文書の移管又は廃棄の状況が記録された帳簿等
17 市政の基本方針、重要施策等を審議する会議に関するもので特に重要なもの
18 1から17までに掲げるものに類するもの」に改め、同表10年の項中
「9 1から8までに掲げるものに類するもの」を
「9 市政の基本方針、重要施策等を審議する会議に関するもので重要なもの
10 1から9までに掲げるものに類するもの」に改め、同表5年の項中
「11 行政文書の廃棄の状況が記録された帳簿等
12 1から11までに掲げるものに類するもの」を
「11 1から10までに掲げるものに類するもの」に改め、同表3年の項中「会議に関するもの」を「会議に関するもの(保存期間30年又は10年のものを除く。)」に改め、同表1年の項中

「3 会議に関するもので軽易なもの
4 請願及び陳情に関するもので軽易なもの
5 庁内文書及び庁外文書で一時的なもの
6 証明に関するもの
7 1から6までに掲げるものに類するもの」を
「3 請願及び陳情に関するもので軽易なもの
4 庁内文書及び庁外文書で一時的なもの
5 証明に関するもの
6 1から5までに掲げるものに類するもの」に改める。
付 則
この規則は、公布の日から施行する。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課

電話番号:0467-23-3000