ホーム > 市政情報 > 告示・公告 > 平成30年度 鎌倉市規則第14号 鎌倉市風致地区条例施行規則の一部を改正する規則

ここから本文です。

更新日:2019年3月15日

平成30年度 鎌倉市規則第14号 鎌倉市風致地区条例施行規則の一部を改正する規則

 鎌倉市風致地区条例施行規則の一部を改正する規則
鎌倉市風致地区条例施行規則(平成26年3月規則第50号)の一部を次のよう
に改正する。
第13条第1項各号を次のように改める。
 ⑴ 建築基準法第43条第2項第1号の規定に基づき特定行政庁が認めた建築
物であり、当該建築物が建築基準法施行規則(昭和25年建設省令第40号。
以下「省令」という。)第10条の3第3項に該当する場合は、その敷地と
建築基準法第43条第2項第1号に規定する道に接する境界線を道路境界線
とみなす。
 ⑵ 建築基準法第43条第2項第2号の規定に基づき特定行政庁が許可した建
築物であり、当該建築物が省令第10条の3第4項第1号に該当する場合
は、その敷地と同号に規定する空地と接する境界線を隣地境界線とみな
す。
⑶ 建築基準法第43条第2項第2号の規定に基づき特定行政庁が許可した建
築物であり、当該建築物が省令第10条の3第4項第2号又は第3号に該当
する場合は、その敷地と省令第10条の3第4項第2号に規定する道又は同
項第3号に規定する通路と接する境界線を道路境界線とみなす。
第15条第4号の表備考中「工業標準化法」を「産業標準化法」に、「日本工
業規格」を「日本産業規格」に改める。
   付 則
 (施行期日)
1 この規則は、公布の日(以下「施行日」という。)から施行する。ただ
し、第15条の改正規定は不正競争防止法等の一部を改正する法律(平成30年
法律第33号)の施行の日から施行する。
 (経過措置)
2 改正後の第13条の規定は、施行日以後に建築する建築物に適用し、施行日
前に建築した建築物は、なお従前の例による。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市景観部都市景観課都市景観担当

鎌倉市御成町18-10 本庁舎3階

電話番号:0467-23-3000