ホーム > 市政情報 > 告示・公告 > 平成30年度 鎌倉市規則第30号 鎌倉市消防本部消防職員委員会に関する規則の一部を改正する規則

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

平成30年度 鎌倉市規則第30号 鎌倉市消防本部消防職員委員会に関する規則の一部を改正する規則

鎌倉市消防本部消防職員委員会に関する規則の一部を改正する規

鎌倉市消防本部消防職員委員会に関する規則(平成8年9月規則第17号)の
一部を次のように改正する。
第3条に次の2項を加える。
2 委員長の任期は、1年とする。ただし、委員長が欠けた場合の新たに指名
された委員長の任期は、前任者の残任期間とする。
3 委員長は、これを再任することができる。
第9条第2項を次のように改める。
2 委員会の会議は、委員長が招集する。この場合において、当該会議に係る
前条第1項の意見の提出のための期間を十分に確保するとともに、消防職員
全員に対し、あらかじめ、当該期間並びに会議の日時及び場所を周知するも
のとする。
 第9条中第6項を第7項とし、第3項から第5項までを1項ずつ繰り下げ、
第2項の次に次の1項を加える。
3 前項の場合において、委員に対し、会議を開く日の2週間前までに、会議
の日時、場所及び審議時間並びに審議の対象となる消防職員から提出された
意見の概要を、意見を提出した消防職員及び意見取りまとめ者に対し、会議
を開く日までに当該意見を審議の対象とするか否かの取扱い(審議対象とし
ない場合にあっては、その理由を含む。)をそれぞれ通知するものとする。
 第13条を第14条とし、第12条を第13条とし、第11条の次に次の1条を加え
る。
 (運営上の留意事項)
第12条 消防長及び委員長は、委員会が、消防職員間の意思疎通を図るととも
に、消防事務の運営に消防職員の意見を反映しやすくすることにより、消防
職員の士気を高め、もって消防事務の円滑な運営に資することを旨としてい
ることに鑑み、消防職員が意見を提出しやすい環境づくり並びに委員会の公
正性及び透明性の確保に努めなければならない。
 別記様式を次のように改める。

<別記様式 省略>

付 則
この規則は、平成31年4月1日から施行する。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:消防本部消防総務課

電話番号:0467-23-3000