ホーム > 市政情報 > 告示・公告 > 平成30年度 鎌倉市条例第37号 鎌倉市地域福祉計画推進委員会条例施行規則

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

平成30年度 鎌倉市規則第37号 鎌倉市地域福祉計画推進委員会条例施行規則

(趣旨)
第1条 この規則は、鎌倉市地域福祉計画推進委員会条例(平成31年3月条例
第41号。以下「条例」という。)第6条の規定に基づき、鎌倉市地域福祉計
画推進委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し必要な事項
を定めるものとする。
(委員長等)
第2条 委員会に委員長及び副委員長各1人を置き、委員の互選によってこれ
を定める。
2 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。
3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠け
たときは、その職務を代理する。
(会議)
第3条 委員会の会議(以下「会議」という。)は、委員長が招集し、その議
長となる。
2 会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。
3 会議の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の
決するところによる。
(会議の公開)
第4条 会議は、公開とする。ただし、委員長が公開することが適当でないと
認めたときは、これを公開しないことができる。
(意見の聴取)
第5条 委員会は、その所掌事項について必要があると認めるときは、関係者
の出席を求め、その意見を聴くことができる。
(部会)
第6条 委員長は、必要に応じ、委員会に部会を置くことができる。
2 部会に属すべき委員又は臨時委員は、委員長が指名する。
3 部会に部会長1人を置き、部会に属する委員又は臨時委員のうちから委員
長が指名する。
4 部会長は、部会の事務を掌理する。
5 部会長に事故があるときは、部会に属する委員のうちから部会長があらか
じめ指名する委員がその職務を代理する。
6 前3条の規定は、部会について準用する。
 (幹事)
第7条 委員会に幹事若干人を置く。
2 幹事は、市職員のうちから市長が任命し、委員会の所掌事務について、委
員を補佐する。
 (庶務)
第8条 委員会の庶務は、この委員会の所掌事務を所管する課等において処理
する。
 (その他の事項)
第9条 この規則に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委
員長が委員会に諮って定める。
付 則
この規則は、平成31年4月1日から施行する。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部福祉総務課

電話番号:0467-23-3000